« 企画展に行こう | トップページ | 広葉樹自治区 »

黄昏のイマジン -キチョウ-

今日、12月8日と言えば旧日本軍が真珠湾を奇襲攻撃して
太平洋戦争が始まった日であるという事は、
昭和30年代終盤生まれの私の世代だと、まだ半分常識みたいなものです。
加えて高校2年の年以来この日は、
「ジョンレノンが凶弾に倒れた日」として忘れられない日でもあります。

私がジョンの件を知ったのは渋谷公園通りの楽器屋さんの前でした。
店員のお兄ちゃんが泣きながら訃報の張り紙を店頭に貼っていた姿は
今でもはっきり憶えています。
その日は初めてのアルバイトの初めての給料日で、
ずっと欲しかったあこがれのカメラ、
オリンパスOM-1と50ミリマクロレンズを、どちらも中古ですが
やっと手に入れた帰り道の出来事でした。

翌日、そのカメラとレンズを持って川崎の生田緑地にゆき、
初めての一眼レフ接写を試みました。
そして最初の被写体が枯れ葉の日だまりで見つけたキチョウだったのです。
時折ゆるやかに飛んでは枯れ葉に止まるレモン色のはねは
動いていると鮮やかに目立つのに、
とまってしまうと意外に周囲に溶け込んでしまい、
目で追っていたはずなのに一瞬どこにとまったかわからなくなります。
夢中でシャッターを押しているうちに24枚撮りのエクタクロームは
もう残り数枚になっていました。
フィルムの1シャッターの重みは今のデジカメ撮影では考えられないものです。
そして、撮影が済んで取り出したフィルムが
現像されてくるまでのワクワク感も・・・

キチョウは蝶の姿で冬を越します。
あのレモン色は、やはり春にこそ似つかわしい色だと思います。
今でもこの時期にキチョウを見かけると
なぜかセットでイマジンのメロディーが流れてきます。
そして、無事に春を迎えてほしいと願わずにはいられません。

Kichou

|

« 企画展に行こう | トップページ | 広葉樹自治区 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9306278

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏のイマジン -キチョウ-:

« 企画展に行こう | トップページ | 広葉樹自治区 »