« 実生症候群 | トップページ | アイスバーグ »

吸盤は五角形の器

今朝は早起きしましたが割合温かい朝で、霜も氷もありませんでした。
逆光の朝日に浮かぶシルエットは「タコノアシ」なる植物の実の部分です。
写真には写っていませんが
4本の花穂は1本の茎の先から上向きの放射状に分かれたもので、
その様子がタコの足を逆さに見た様子に似ているため名付けられました。
だいぶ本数が足りませんけどね。

種子の入れ物は1本の花穂の上にジグザグに並んでいます。
当然花もこの並びで咲いていた訳ですが、はっきり言って地味です。
しかし全体的な分かれ方、並び方はなかなかおちゃめで
いいネーミングだなあ、と思います。

既に枯れて乾いた実はちょうどタコの吸盤にあたる部分ですが、
ひとつひとつ見ると結構凝った作りになっています。
五角形の側壁とふたの隙間からごく小さな種子がこぼれ出る仕掛けですが、
はじき飛ばしたり、撒き散しとたりいう積極性はないようです。
湿ったところが大好きで、池の岸辺に生えていますが、
植えた覚えは全くありません。
何か他の水生植物に種子が混ざっていたのでしょう。
条件さえ合えばとても丈夫な植物ですが、湿地の開発や除草剤により
すっかり見かけない植物になってしまいました。
今や環境省レッドデータブックで絶滅危惧II類に指定されているほか、
都道府県や市町村がまとめたレッドデータブックにもしばしば登場しています。

今年は紹介しそびれましたが、サーモンピンクに染まる紅葉が奇麗で
水辺の草もみじではあでやかな役者です。

●昨日の記事に登場したマメ科の植物はノササゲと判明しました。
 情報を寄せてくださったMushizukiさん、有り難うございました。

Takonoashifuyu

|

« 実生症候群 | トップページ | アイスバーグ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9353384

この記事へのトラックバック一覧です: 吸盤は五角形の器:

« 実生症候群 | トップページ | アイスバーグ »