« 寒中浴 -シロハラ- | トップページ | にわか房総の旅 »

冬芽拝見 -アカガシ-

20080103/冬芽拝見 -アカガシ-
今日も冬晴れ、風はないけど寒い寒い!
今朝の日の出は6時49分、
明日から11日までが6時50分で、日の出が一番遅い時期となります。
日の入りは16時39分ですから、一番早い時期に比べ12分遅くなりましたね。
とはいえこれからの二ヶ月が厳寒期、身が引き締まります。

さて、写真は庭の一番北東部に植えた木、アカガシの冬芽です。
北風対策として、庭の北側には常緑樹が植えてありますが、
その中でもひときわつやつやした大きな葉がしっかりと繁った
将来有望な防風樹です。
冬芽も大きく立派で、春にそれぞれが枝を伸ばす方向をしっかりと向いて
枝先に集まった芽は張りのある鱗片が頼もしく見えます。
アカガシはこの辺りの里山には少なく、筑波山麓あたりでよく見る木です。
植木屋さんに頼んでもって来てもらったのですが、
関東ではあまり庭に植えられる事がないので、探すのに少し苦労しました。
関西だとポピュラーな庭木らしいのですが、
この辺りではよく似たマテバシイの方が人気が高いようです。

アカガシは好きな木のひとつです。高校生の頃佐賀に住んでいた事があり、
向こうでは確か500メートル以上で多く見られると記憶していますが、
親しい蝶好きの先輩が山に同行した際に教えてくれた思い出の木なのです。
そう、この木は蝶マニア羨望のキリシマミドリシジミという
とても美しく珍しいシジミチョウの食樹なのです。
アカガシの古木は幹に瘤や凹凸が多く、とても味わい深い風格があります。
私はシジミチョウもさることながら、アカガシの渋い魅力にとりつかれ、
自分が将来庭を持ったらぜひ植えてみたい木、とずっと思っていました。
ようやく植えるに至りましたが、風格ある太い幹に仕立てるには
ちと地ベタが狭いようです・・・あしからず。

Akagashifuyume

|

« 寒中浴 -シロハラ- | トップページ | にわか房総の旅 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
とは言うものの・・新年早々咳と高熱でダウンです。
(インフルじゃありません)
ちょっと山場(?)を超えたので書き込みします。

アカガシ。
確かにこちら多摩方面にも見受けられません。
いいですね、アカガシの木刀は今でも愛用してますよ。

キリシマミドリシジミの幼虫は、アカガシの芽がまだやわらかいうちに孵化するんですよね。
昨年、芽を割って中に食い入る小さな幼虫を見せてもらったことがありますが、彼らはアラカシの芽にもたまにいるらしいです。
アラカシだったらこちらにもたくさん自生しているからと、探しまわりましたが収穫はゼロ。
ガセだったのかなぁ・・。

ぐりおさん、寒い中風邪などひかないようご注意くださいね。

投稿: kemono66 | 2008年1月 4日 (金) 21時15分

kemono66さん、おめでとうございます!
こちらこそよろしくお願いします。うちはインフルで私以外全滅の年末でした。私は大丈夫だったのですが、首を寝違えてえらい目に・・・昨日あたりからようやく動けるようになりました。kemono66さんもお大事に。にしてもさすが!キリシマのことまでよくご存知ですね。確かにアカガシ以外にも、ウラジロガシやアラカシにもつくことがありますが、それはおそらく多産地での少数例だと思います。もともとかなり局地分布の蝶なので、そこにアラカシがあったらという話ではないでしょうか。飼育する分には、これら以外にコナラやクヌギでも育ちますよ。kemono66さんの近場だと、かなりレアな蝶であることは間違いないですよね。後に知ったのですが、当時訪ねた佐賀の某山は全国に名だたる名産地でした。

投稿: ぐりお | 2008年1月 4日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9706363

この記事へのトラックバック一覧です: 冬芽拝見 -アカガシ-:

« 寒中浴 -シロハラ- | トップページ | にわか房総の旅 »