« 謹賀新年 | トップページ | 冬芽拝見 -アカガシ- »

寒中浴 -シロハラ-

予想通り、北風ぴゅーぴゅーの寒い日になりました。
昨日初詣に行っておいて良かった。

この寒い中でも、奇麗好きな鳥たちは池の流れ込み部分で水浴びです。
鳥が水浴びをする理由はあったかい羽毛に刺さり込んだ寄生虫を
洗い落とすためなんだとか。
鳥は体温が高く、その羽毛は断熱構造に優れているので
寄生虫にとっては、そりゃあ快適なのでしょう。
一方鳥の羽毛は撥水性にも優れているため、水に入って荒行をしても
ずぶ濡れという感じにはなりません。
それでもだいたいの鳥は、水浴びのあとしばらく枝に止まって
丁寧に羽づくろいをおこたりません。

写真はシロハラ、隠れて見えませんが腹部が白っぽいのでこの名があります。
対してそっくりの色と大きさで、腹部が赤茶色のアカハラという鳥もいます。
腹部が白地に黒いくさび模様、風切羽根の赤錆色が目立つツグミと
3種類セットでまとめて覚えるとわかりやすいです。

我が家の庭には3種類とも現れますが、
いつも一番滞在時間の長いのがこのシロハラ。木の実が大好きですが、
木の根元にたまった落ち葉をひっくり返して虫を見つけるのも得意です。
昨年はエノキの落ち葉についたゴマダラチョウの幼虫を
たった1羽で平らげてしまいました。

そりゃ幼虫もさぞ美味しいのだろうけど、今年はリンゴを沢山用意するから
ゴマダラチョウの幼虫も少しは残してあげてちょうだい。

Gyozuishirohara

|

« 謹賀新年 | トップページ | 冬芽拝見 -アカガシ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9689623

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中浴 -シロハラ-:

« 謹賀新年 | トップページ | 冬芽拝見 -アカガシ- »