« 冬芽拝見 -スダジイ- | トップページ | 冬芽拝見 -クサボケ- »

曇天の来客 -コゲラ-

朝は晴れていたのに、その後広がった雲は一日居座ってしまいました。
時折射す陽も頼りない光で、寒さがこたえました。

気のせいかも知れませんが、
鳥たちの中に曇天の方がよく現れる種類がいるように思います。
具体的にはシジュウカラ、ヤマガラなどのカラ類と写真のコゲラ。
これらは混群となって一緒にやってくることもありますが、
そんな時も、単独の時も曇天の方が見かける確率が高いのです。
もちろんたまたまかも知れません。
近所の雑木林や自然観察の森では晴れていても普通に見かけますので。
シジュウカラは春から秋は毎日頻繁に現れますが、冬は時々しか来ません。
そんな時もだいたい曇っているような・・・
アオジやカケスも我が家に来るのはやはり曇りの日が多いかなあ。

我が家の庭はまだ若くて低い落葉樹が多いので、
冬場はやたらと見通しがよくなります。
このことが関係しているのかもしれません。天敵に見つかりにくい、
あるいは天敵を察知しやすい、なんてことがあるのかも・・・

そういえば上空をまれにオオタカなどの猛禽が飛んでいますが、
曇りの日は黒い影になって目立ちます。カラスみたいに真っ黒に見えるので
種の判別には極めて不都合なんですが。

写真のコゲラはクヌギの枝先に付いた昆虫をつついています。
きっとアブラムシやカイガラムシ、蛾などの卵もあるのでしょうか。
前後2本ずつに向いた脚指を開いて、尾羽の先も合わせた3点支持で
どんな角度の枝でも起用に体勢を保ちます。小さいけどやっぱりキツツキ!
時々ちゃんと枝をこんこんつつく「ドラミング」もやっていました。

Kogera

|

« 冬芽拝見 -スダジイ- | トップページ | 冬芽拝見 -クサボケ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9890416

この記事へのトラックバック一覧です: 曇天の来客 -コゲラ-:

« 冬芽拝見 -スダジイ- | トップページ | 冬芽拝見 -クサボケ- »