« 冬芽拝見 -クサボケ- | トップページ | 初雪 »

「萌え系」の童顔? -エナガ-

今日も昨日と同様、気温が低いけど晴れて風が弱いのでそれだけで穏やか。
そう感じるのは寒さに慣れて来たせいかも知れません。
これでもひと月前だったら寒い寒いと騒いでいたでしょうから
人間の順応性もたいしたものです。

昼下がり、にわかに外が活気づいています。
メジロ、シジュウカラ、エナガが一度に来て、
めいめいが枝のあちこちでちょこまかやってました。

特にエナガは20羽前後の集団で、
枝や幹をくるくる回ったりぶらさがったり、曲芸のように動き回っています。
慌ててカメラを手にしましたが、目移りしてどこを狙ってよいものか
あたふたしてしまいました。
とりあえず動きの中心になっているハンノキにレンズを向け、
何とかシャッターを押しましたが、やっぱり上手く姿を止められませんでした。

それにしてもかわいい鳥!童顔な印象を受けます。
長い尾羽以外は、ひよこみたいなちまちまっとしたつくりで、
ちょこんと筆で描いた様な目とおちょぼ口、ほわっとした感じの羽毛が
何とも「萌え〜」。
こんなのが集団でアクロバティックな演技を披露してくれるのですから
本当はカメラのファインダーで部分的に見るのがもったいないくらいです。

庭をもっとこの鳥に気に入ってもらいたいなあ。
もっとまめに来てもらうにはどうすればいいのでしょうか?
なあんて思ってしまいます。
毎日現れているのかもしれませんが、あまり声を出さないので気付きません。
まあ、来てくれているから何かしらの魅力があるのでしょう。
いつも会えるとは限らないから、出会えた嬉しさもひとしおなんですね。

Enaga0801

|

« 冬芽拝見 -クサボケ- | トップページ | 初雪 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9915185

この記事へのトラックバック一覧です: 「萌え系」の童顔? -エナガ-:

« 冬芽拝見 -クサボケ- | トップページ | 初雪 »