« 冬芽拝見 -アカガシ- | トップページ | 水草の天井 »

にわか房総の旅

寝正月も4日目ともなると寝飽きた・・・という訳ではありませんが
悲しい事にちゃんとした目覚めがやってきます。
今日は天気も良いようなので、房総方面をぶらついてみよう!ということになり、
にわかに自宅を出発、勝浦までひた走り、海中展望台を楽しんでから
海岸沿いを北上、九十九里経由で銚子の手前まで走破しました。

冬とはいえさすがに房総、暖かい!今年一番の菜の花見ちゃいました。
海の色も伊豆方面と同じ明るく澄んだ色で「やっぱり違うなあ」と納得。
年末年始とインドアの時間が長かった事もあり、
太平洋の開放感を思いっきり満喫して、いい気分転換ができました。

写真は日没時の九十九里浜。
こんな時間でも意外に多くのサーファーで賑わっていました。

海岸通りのすぐ内側を通る有料道路沿いには、海辺らしいショップや
レストランが軒を連ねていかにもシーサイドな雰囲気ですが、
個人的にはそれらの建物の周囲に植栽された植物にう〜むと感心。

数種類のヤシ、ソテツ、満開のアロエ、クロトンやドラセナの生け垣など、
我が家の周囲では考えられない造園植物で溢れていました。
もちろんみな外来植物ですが、
そんな種類で外構植栽が出来るところに海浜性の温暖な気候が伺え、
「自然とは違うけど、これも一種のご当地性だなあ」と結構楽しめました。

ところで、昨今はイルミネーションなどの町並み演出が全国的に流行ですが、
気候や産業、歴史など、その地域に根ざした特性を地域資源にして
住む人にも来る人にも「らしさ」が見える町並みづくりが大切だと思います。
毎年毎年、出かける先にわが町と共通の郊外型店舗が並んだり、
流行となるといきなり南欧風だったりするのにはちょっとうんざりですね。

Nichibotsu99ri

|

« 冬芽拝見 -アカガシ- | トップページ | 水草の天井 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/9720553

この記事へのトラックバック一覧です: にわか房総の旅:

« 冬芽拝見 -アカガシ- | トップページ | 水草の天井 »