« 冬芽拝見 -クロモジ- | トップページ | スズメ鈴生り »

温室雑草 -インパチェンス-

雑草というまとめ方はあまり好きではないのですが、
その逞しさ、したたかさにある種の畏敬の念をもってあえてこう呼びます。
温室という特別の環境にもやはりそれなりの種類の雑草があり、
以前に取り上げたロベリア以外にも、常に何種類かの招かれざる植物が
隙あらば勢力拡大を画策しています。

写真の植物は少し前に爆発的に流行ったガーデニングプランツ、
ごくありふれた白花のインパチェンスです。
あまり横顔で見る花ではないのですが、
温室の床(土の地面)に生えているのをしゃがんで撮影しました。
どうも実家から預かった洋ランの鉢に種子がついていたらしく、
気付かぬうちに最初の一株が成長し、花を咲かせました。
「あれ〜っ、インパチェンスだ!」と最初はおもしろ半分に眺めていたものの、
それがちょっと油断していたら温室内の一挙侵略の攻勢に転じていました。
●ランのための程よい半日陰
●一定以下、一定以上にならない温度
●常に適湿、洋ランの鉢からオーバーフローする養分の供給
などなど、彼らにはとても都合のよい環境だったのでしょうね。
おまけに優秀なポリネーター(受粉請け負い屋)と契約を交したようです。

数年前から温室内に冬でも活動するアリがみられ、
彼らがこの花を訪ねているようです。
アリの種類はまだ特定していませんが、このアリ、ランの花茎から分泌する
蜜球もあてにしているようで、温室内の植物とすっかりいい関係。
彼らにとって、一年中こまめに開花するインパチェンスは安定した蜜源となり、
インパチェンスにとっても受粉の確率が格段にアップしている様子。

こんな偶発的で人工的で限られた環境の中でも条件に合った
生き物同士が繋がり合う・・・って、何だかちょっとスゴイです!!

Impatiens

|

« 冬芽拝見 -クロモジ- | トップページ | スズメ鈴生り »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10089484

この記事へのトラックバック一覧です: 温室雑草 -インパチェンス-:

« 冬芽拝見 -クロモジ- | トップページ | スズメ鈴生り »