« 学校ビオトープ01 -池、改造します- | トップページ | 夢の跡 »

学校ビオトープ02 -4つの構想-

にわかに動き出した、行方市立羽生小学校のビオトープづくりの続編です。
(学校のご了解をいただき、校名等の具体的な表記が可能になりました。)

ビオトープにも色々なスタイルがありますから、
ここにふさわしいビオトープがどのようなものか、構想を練る必要があります。
幸い5年生は水環境をテーマに学校近隣の河川等を調査していて、
水質や生物についての一定の情報を得、既に自分たちなりに
身近な水環境似ついての問題意識や疑問を持っていました。
ですからしょっぱなの授業では、それらについての講義を切り口にして
いきもの同士のつながりの中ではゴミが出ないことや
川も湖も本来は水の自浄能力を持っていることを知ってもらいました。

昨年の10月には、近隣の浄化施設や環境科学センターを見学して
水生動植物の生態やビオトープを見学、生物によって好む環境が異なることや
複数の水環境を組み合わせることでより豊かな生態系になることを学習。
もう一度学校の池に立ち戻って、
どんなビオトープがいいかアイデア出しを行いました。
その結果が写真のスケッチです。

4つのグループでそれぞれ構想をまとめましたが、
どの案も水の深さや陸地の設け方に工夫が凝らされていて、
多様な生物の特性を意識してくれています。
特に水生植物をタイプ別(抽水植物、浮葉植物、沈水植物、湿生植物)に
使い分けていて、どんな生物がどの植物を好むのか・・・わかってるねえ!!

表現の差こそあれ概ね共通している部分と、オリジナリティが高い部分があり
これは最大公約数ではなく、最小公倍数の設計にしたいと気合いが入りました。
さて、これでいよいよ基本設計です。

Aidea14mini

|

« 学校ビオトープ01 -池、改造します- | トップページ | 夢の跡 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10620667

この記事へのトラックバック一覧です: 学校ビオトープ02 -4つの構想-:

« 学校ビオトープ01 -池、改造します- | トップページ | 夢の跡 »