« 冬型は続く | トップページ | 冬芽拝見 -コブシ- »

午後1時の月

西風が強くて何もかもが揺さぶられている中、
真っ青な空に残像の様な薄い月がじっとしていました。
望遠レンズで覗くと、空気のゆらぎで少し震えていますが
大気の創り出す青い海の中にそれは確かに浮かんでいました。

子供の頃、月が球形の天体であることを学び
「ボールみたいな立体なんだ」と意識して見上げた半月が
はじめて本当に浮かんでいる球体に見え、
何だかぞくぞくしたのを思い出しました。

そういえば先日のニュースで、太陽系にとてもよく似たバランスで
太陽(恒星)と惑星が存在する太陽系が見つかったとか・・・
地球はたったひとつの奇跡の星ですが、
全く別のところで、また違った奇跡が起きていても不思議ではありませんよね。
またひとつ、宇宙の夢が膨らみました。

Moon0802

|

« 冬型は続く | トップページ | 冬芽拝見 -コブシ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10548832

この記事へのトラックバック一覧です: 午後1時の月:

« 冬型は続く | トップページ | 冬芽拝見 -コブシ- »