« 学校ビオトープ02 -4つの構想- | トップページ | 学校ビオトープ03 -基本設計- »

夢の跡

今日は予想最高気温が12℃とのことで期待していたのですが、
当地では8℃でした。それでも風がなくて暖かかった!

しかし、仕事でメインのパソコンがHDトラブルに見舞われ真っ青、
なにしろ追い込み中の仕事のデータがごっそり入っていますから、
そりゃもう凍り付きました。
結局修復に丸一日かかってしまい、今日の始業は午後5時でした。とほほ・・・

写真はそんな修復中の空き時間に撮影したもの、
クヌギの根元に転がっていた昨夏のノコギリクワガタの亡骸です。
おそらくシロハラかツグミが落ち葉をひっくり返した時に出て来たのでしょう。
大アゴの片方が折れ、いかにも「矢尽き刀折れ・・・」といった風情で、
物悲しいことこの上ありません。

思えば昨年はどのクヌギからもシロスジカミキリが幹に大穴をあけて
羽化してきたので、樹液が初夏からばんばん出ました。
なもんでクワガタもカブトムシもこんなにいるのかという位やってきました。
ビオトープでそういう経験は初めてだったので、テンションが上がって
毎日樹液に来た虫たちを撮影していました。

この個体も生前の勇姿を写真に収めたかもしれません。
こういう大アゴがぐぐっと湾曲した大型の個体は
大抵メスを確保できていたようですから、
おそらく本懐を遂げてのこの姿なのだと思います。
穴だらけで頑張っているクヌギはちょっと気の毒ですが
また今年の夏も彼らの合戦の日々を待ち遠しく思っています。

Nokokuwaphantom_2

|

« 学校ビオトープ02 -4つの構想- | トップページ | 学校ビオトープ03 -基本設計- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10650128

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の跡:

« 学校ビオトープ02 -4つの構想- | トップページ | 学校ビオトープ03 -基本設計- »