« 寒中浴 -キジバト- | トップページ | はや5分咲き -ハンノキ- »

紫蘇の空穂

今日は何やら雪の予報が・・・確かにどんよりとして底冷え。
しかし、お昼前後に一瞬だけ晴れました。
この時とばかり何枚か写真を撮った中の一枚、シソの花穂の名残りです。

シソ科の植物は茎がしっかりしたものが多く、
冬の間も枯れた茎がよく目立ちます。
これは食用の青じそですが、ちゃんと管理している訳でもないのに
毎年こぼれ種から数本が立派に育ち、その葉や実は
そうめん、天ぷら、お刺身、お新香と大活躍します。
最後にたくさんの種をこぼした後も、枝分かれした茎と種を包んでいた顎が
そのままの立ち姿でドライフラワーになって頑張ります。

これを逆光で見るとあったかい色味に光ってなかなかきれいです。
顎の上半分の三裂した部分が光を受けて灯ったように見えるのです。
風をよけて光を閉じ込める小さな寝袋みたい、潜り込んだら暖かそう・・・

Shisoutsubo

|

« 寒中浴 -キジバト- | トップページ | はや5分咲き -ハンノキ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10362925

この記事へのトラックバック一覧です: 紫蘇の空穂:

« 寒中浴 -キジバト- | トップページ | はや5分咲き -ハンノキ- »