« もっと北へ -ツマグロヒョウモン- | トップページ | 春・水路の水位をUP↑ »

ラベル違い?

うー冷える・・・今日の最低気温は日付が替わる時に出ています。
つまり朝よりも冷え込んでいるということですね、0.5℃。
朝の最低は1℃で、霜も氷もありませんでした。
このところ少し春めいていましたから、この程度の冷え込みでも
辛く感じます。おまけに北風まで吹き始めました。

でも、今日は啓蟄なのですよね。昨日と取り替えっこしたほうがいいみたい?
それでも、春咲きの小球根類が咲き始めました。
我が家ではユーラシアの原種を中心に、何種類かを栽培しています。
こういう小球根を買い求めるときは、花を見て買うのと違い、
ラベルが全面的に頼りになりますが、ときどき怪しいのがあって困ります。

写真の花は、プシュキニア・スキロイデス・リバティカ
(Puschkinia scilloides var.libanotica)
というラベルでした。
はじめは気にならなかったのですが、よそで咲いている花やウェブや本で見る
プシュキニア・スキロイデスと少し違っていることに気がつくと、
もう気になって仕方ありません。
一見すると間違いなさそうに見えるのですが、葉の出方や
花びら(花弁と顎片)に明瞭な青いラインが入らないこと、何より
おしべの長さやまとまり感がまるで違う・・・
そもそもスキロイデス種であるか以前に、
プシュキニア属でもないような気がします。単なる勘ですけど。

おそらく原種なのだろうとは思います。
こんなマイナーな種類、
品種改良のターゲットにすらなりそうもないので。
何とか正体を知りたいなあ。どなたかご存知ないかしらん。

Puschkinia_sp

|

« もっと北へ -ツマグロヒョウモン- | トップページ | 春・水路の水位をUP↑ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

これはシラー・チューベルギニアナではないかと思われます。
私は両方植えて、じわじわタネでも増えているようですが、
全然違います。ある会社の通販で写真はシラーなのに、名前がリバノティカに
なっていましたが、安いので大量購入し、今盛んに咲いていますが、
やはりシラーだったのです♪シラー・チューベルギニアナの方が可憐で好きなのに、あまり売っていなくて、小躍りして喜んでしまいました。
この会社には先ほど問い合わせのメールを送ったところです。

投稿: 球根草花 | 2009年4月14日 (火) 11時02分

球根草花さんいらっしゃいませ!
実に参考になる書き込み、誠に有り難うございましたm(_ _)

ご指摘を受け、私もちょっと調べてみました。
シラー・チューベルギニアナ・・・どうやらそのようですね!!
御陰さまで栽培管理リストにも明確な表示ができます。
本当に有り難うございました。

(ちなみに、昨年シラー・シベリカの淡色系個体を見ました。
これもまたかなり紛らわしいですね。)

投稿: ぐりお | 2009年4月14日 (火) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10992348

この記事へのトラックバック一覧です: ラベル違い?:

« もっと北へ -ツマグロヒョウモン- | トップページ | 春・水路の水位をUP↑ »