« 学校ビオトープ06 -流れの石組み- | トップページ | 控えめなアイリス -寒咲きアヤメ- »

セツブンソウ開花!

今日も春らしい温かな一日でした。
黄砂のせいなのか、上空を覆う薄雲のせいなのか、
いや、ひょっとすると大量に飛ぶスギ花粉なのかも知れませんが
陽光がぼんやりと柔らかで、それがまた何とも春らしい。

でも、花粉症の人間にはたまらない季節ですよね。
私はスギ花粉は鼻より目に来ます。
とにかく、どんなにかゆくても決してこすらないこと!
いっぺんでもこすってしまうと、もう止まりません。
鼻の花粉は晩夏〜初秋に来ます。ブタクサとか、その手の花粉が手強いのです。

さてさて、セツブンソウは無事に開花してくれました。
実際の開花初日は一昨日でしたが、
学校ビオトープ工事で不在だったため、撮影が出来ませんでした。
前回(3/8)書いたセツブンソウの花弁の色ですが、
みなさんはお分かりになりましたか?
花びら状の白い部分は顎片、
じつは花弁はその内側にぐるりと並んだ黄色の部分です。
この花のつくりはキンポウゲ科にはしばしば見られ、
バイカオウレンやサバノオの仲間も同様です。
この小さな花弁には先端に蜜腺があり、蜜の分泌器官になっています。
青紫の部分はおしべ、先端の葯が成熟すると
反り返って白い花粉を見せます。
花弁の内側にいくつか見えますね、外側から成熟してゆきます。
中心の赤紫はめしべ、受粉率は高く、
こんな小さな体の割には粒の大きな種子ができます。

パーツごとに見てゆくと
案外はっきりした色彩の組み合わせですが、
花全体の印象は実に日本的な清楚さを感じます。
う〜ん、やっぱりこの花大好きです。
いっぱいいっぱい増やしたいなあ・・・

Setsubunsoukaika

|

« 学校ビオトープ06 -流れの石組み- | トップページ | 控えめなアイリス -寒咲きアヤメ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/11297519

この記事へのトラックバック一覧です: セツブンソウ開花!:

« 学校ビオトープ06 -流れの石組み- | トップページ | 控えめなアイリス -寒咲きアヤメ- »