« 色慎ましきはメスの美徳 -ジョウビタキ- | トップページ | もっと北へ -ツマグロヒョウモン- »

冬芽?拝見 -オトコヨウゾメ-

春らしい日が続きました。でも今日は太陽がぼんやりかすんでいました。
聞けばあちこちで黄砂が観測されたようで・・・当地のも黄砂だったのかな?

この暖かさのせいで、早起きの樹木が動き出しています。
写真のオトコヨウゾメも、冬芽拝見として載せたかったのですが、
まごまごしているうちに動き出してしまいました。

この木は成長のよい先端部に、
このような3つのパーツに分かれた芽を付けます。
真ん中の丸く膨らんだ部分に花芽が入っていて、両側のスリムな2つは
葉だけの芽。今年伸びる枝になります。
以前に紹介したクロモジの冬芽と逆のレイアウトですね。
鱗片はつやを帯びた漆器の様なワインレッドをしていて、
よくみるとなかなか美しいです。

オトコヨウゾメはスイカズラ科の低木で、ガマズミに近い仲間です。
ヨウゾメはガマズミの別名なのですが、「 オトコ」を冠しているのが
どうしてなのかよくわかりません。「男なヨウゾメ」なのですから、
ガマズミ(ヨウゾメ)はきっと女なのですよね。
見た目的には葉姿も花も実もオトコヨウゾメの方が女性を感じさせる様な・・・
花や秋にぶら下がる赤い実は魅力的ですからまた紹介したいと思います。

それにしても冬芽を撮るなら急がなくてはいけませんね!
春の足音が急に大きくなってきたようです、嬉しいですね。

Otokoyouzomefuyume

|

« 色慎ましきはメスの美徳 -ジョウビタキ- | トップページ | もっと北へ -ツマグロヒョウモン- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/10917008

この記事へのトラックバック一覧です: 冬芽?拝見 -オトコヨウゾメ-:

« 色慎ましきはメスの美徳 -ジョウビタキ- | トップページ | もっと北へ -ツマグロヒョウモン- »