« もう一息! -セツブンソウ- | トップページ | 春雨に背中押されて -ユキワリイチゲ- »

こちらももう一息 -シュンラン-

昨日ほどではありませんが、朝は冷え込みました。
薄く氷も張っていましたよ。

さて、2月29日に掲載したシュンランのその後です。
蕾の先端が割れていよいよ開花直前。
陽光を受けてしっとりとした光沢を見せる顎片に、高貴なものを感じます。
上向きに伸びて来た花芽が開花に向けて水平に曲がるところは
ちょうどセツブンソウと逆ですね。シュンランは横向きに咲く花です。

ランの花の基本は3枚の顎片の内側に3枚の花弁があり、
顎片と花弁は付け根がずれて互い違いになっています。ここはユリと一緒。
しかしランがラン然とした違いを見せつけるのは
その花弁のうちの下向きの1枚が「唇弁(=リップ)」と呼ばれる
特別なデザインになっている点。他の花弁や顎片と比べ
形が違う、色が違う、模様が違う、大きさが違う、質感が違う・・・などなど。

シュンランも唇弁だけが色も形もまるで違います。
咲いたらじっくり観察してみましょ。

Shunrantsubomi2


|

« もう一息! -セツブンソウ- | トップページ | 春雨に背中押されて -ユキワリイチゲ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/11129185

この記事へのトラックバック一覧です: こちらももう一息 -シュンラン-:

« もう一息! -セツブンソウ- | トップページ | 春雨に背中押されて -ユキワリイチゲ- »