« エキゾチックなアイリス | トップページ | ジミーちゃん -アオジ- »

ひも状の卵塊 -アズマヒキガエル-

今日は14℃まで達しました。風が無いのでこの気温だとぽかぽかですね。
予報では北風の強風注意報でしたから、こちらはいい方に大はずれでした。

じつは明け方まで仕事でしたので
ぐったりしてあまり外に出られなかったのですが、
お昼前後に庭をひとまわりしただけで、
初認(その年の初確認)が何種かありました。
モンシロチョウ、ヤマトシジミ、ウリハムシ、などなど・・・

騒がしかった池や水路のヒキガエルもご覧の通り結果を残しています。
このひも状の卵塊は独特、まず見間違えることはないですね。
寒天状のチューブ内に並ぶ卵の粒は
テンポ良く螺旋を描きながら3列に見えますが、
画像の左上に向かう部分は2列、1列と細くなって終わっています。
ひもの重なりや周囲の状態から察するにこれは終わりの部分のようで、
1列の部分は最後の残りを何とか絞り出した感じでしょうか。
では始めはどんな風かと辿ってみたのですが、
途中でごちゃごちゃに絡まっていて追いきれませんでした。
しかも何匹もが同じところで重ね産みしているのでもう訳がわかりません。

隣の畑に面した側の一角で、
げっそりという印象にまで出し切ったメスが竹林に帰る途中でした。
アカガエルの先発隊の様に二度寝するのでしょうか?
そうでなければこの消耗した体を持ちこたえるエサが果たしてとれるのか、
ちょっと心配になります。サケもウミガメもこのヒキガエルも、
子孫を残す営みは本当に命がけだと実感します。
心から、「お疲れ様でした」。

Hikigaerurankai

|

« エキゾチックなアイリス | トップページ | ジミーちゃん -アオジ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/11663721

この記事へのトラックバック一覧です: ひも状の卵塊 -アズマヒキガエル-:

« エキゾチックなアイリス | トップページ | ジミーちゃん -アオジ- »