« 春眠暁を・・・なんて言ってられないぞ! | トップページ | 北の空色 -エゾエンゴサク- »

はいあかむらさき -ヤマエンゴサク-

皆さんは ケシの仲間というと、どのような花を思い浮かべるでしょう。
私の世代だとアグネス・チャンの歌にでてくるような(んまっ!古いこと!)
ヒナゲシのような花弁の大きな丸い花を思い浮かべる方が
多いかも知れませんね。
最近だとガーデニング通の方ならヒマラヤの青いケシなんてのもありかな?
麻薬の方を連想する方もいらっしゃるでしょう、
あのケシも派手な色で大きな丸い花ですよね。

ところが分類学でいうケシ科には、
それとは全く違うタイプのケシ科植物があります。
「高山植物の女王」と呼ばれるコマクサや
イングリッシュガーデンによく用いられる
ケマンソウ、タケニグサ(なんだかカッチョいい英名が別にあったですよね)
などもみなケシ科の植物です。

今日写真で紹介する植物、ヤマエンゴサクもケシ科の1グループで、
ガーデニングの世界では学名のコリダリス(Corydalis)で知られる仲間。
いわゆるケシのイメージとはほど遠いですが、
コマクサやケマンソウ(Dicentra)にはどことなく似ています。

私はこのヤマエンゴサクの属するコリダリスの仲間が大好きで、
何種類かを栽培しています。
そのいくつかを数回に分けて掲載してみたいと思います。

ヤマエンゴサクは低山から山地に見られるスプリング・エフェメラルの一種で
茨城県内でもぽつぽつながら広く分布しています。
ニリンソウ、キクザキイチゲなど
他のスプリング・エフェメラルと混生していることが多いので、
相性がいいのかな?と思い、我が家ではニリンソウの群落内に植えたところ
調子良く育っています。

この花の色は青みが強いものから赤紫っぽいものまで少々幅がありますが、
どれも僅かに灰色を帯びた濁りがあり、これが独特の風情を醸し出しています。
個人的には赤紫系が好きで、きっと日本人の遺伝的感性を象徴する
高貴な色「はいあかむらさき」とは、こんな色ではないかと思っています。

本当は葉とのバランスがまた美しいのですが、
この株はニリンソウたちに埋もれてしまい、なんだかよくわかりませんね。
咲き始めの頃はまだニリンソウもキクザキイチゲも小さかったのですが、
あっという間にこんなになっちゃいました。
ちょっとあっぷあっぷ苦しそう、今年できた種は外側に播いてあげましょう。

Yamaengosaku

|

« 春眠暁を・・・なんて言ってられないぞ! | トップページ | 北の空色 -エゾエンゴサク- »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/20427848

この記事へのトラックバック一覧です: はいあかむらさき -ヤマエンゴサク-:

« 春眠暁を・・・なんて言ってられないぞ! | トップページ | 北の空色 -エゾエンゴサク- »