« 第五の草はどこへ -コオニタビラコ- | トップページ | スタンダードofスミレ -タチツボスミレ- »

原種チューリップ -トルケスタニカ-

一日春らしかったものの、午後3時を回ると風が冷たくなりました。
この風で、当地のソメイヨシノもあちこちで花吹雪に・・・
もうですか?もうちょっと待って・・・というところが
桜のいいところなのですよね。
軽い軽い桜の花びらは、ほんの少しの風で思いがけないところまで運ばれ、
時には家の中に居てさえ、名残りの春を届けてくれます。

写真は長いおつきあいをしている原種チューリップの
ツリパ・トルケスタニカ(Tulipa turkestanica)。
鮮赤色の花が咲くリニフォリアとともに、
もう13年も前に入手した初めての原種チューリップです。

このトルケスタニカは咲き方にとても変わった特徴があります。
写真中央の下の方をご覧ください、茎が一本にまとまっているでしょう。
実は一つの球根から出た一本の花茎が途中でいくつかに分かれて蕾をつける
クラスター咲きのチューリップです。
しかし、よく見ると花の中心にめしべがあるのは最も高い位置に咲く一輪のみ、
あとの花はおしべがあってもめしべは欠けています。

3月30日に掲載したアマナの時に述べた通り、
3枚の顎片の内側に3枚の花弁があり、この写真だと
付け根の重なりでどちらがどちらだか区別できると思います。
花弁の方が、微妙に幅が広いですね。
頂部の花を見ると、顎片の外側は赤紫色をしているのが見えます。
この辺はアマナにも少し似ています。

他のチューリップに比べ、あまり分球して殖えませんが、
清楚で強健なおすすめの原種です。

Tulipa

|

« 第五の草はどこへ -コオニタビラコ- | トップページ | スタンダードofスミレ -タチツボスミレ- »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

はじめましてこんばんわ。
記事の内容とても参考になりました!
トラックバックさせて頂きましたので
宜しくお願い致します。

このチューリップはとても奥深いですね・・・。

投稿: ぺりっと | 2008年4月24日 (木) 21時51分

ぺりっとさんようこそ!
ちょうどぺりっとさんが来てくださった時、
私もぺりっとさんのブログを拝見していたところでした。(ポチッともしました)
とてもきれいな画像で、やさしい表情のトルケスタニカでした。
ここの記事を参考にしてくださったとは
とても光栄で嬉しいことです。

トルケスタニカは、本当に興味深いチューリップですね。
お互い大切に育てましょうね。

良かったら時々覗きに来てください。
私もお邪魔しますので。

投稿: ぐりお | 2008年4月24日 (木) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/12369418

この記事へのトラックバック一覧です: 原種チューリップ -トルケスタニカ-:

« 第五の草はどこへ -コオニタビラコ- | トップページ | スタンダードofスミレ -タチツボスミレ- »