« 神出鬼没 -ミヤマキケマン- | トップページ | 最小のオダマキ -ヒメウズ- »

東欧のロゼ -コリダリス・ソリダ-

昨日に引き続き、今日も庭のコリダリスをアップしました。
種名はコリダリス・ソリダ「ジョージベーカー」。
(=Corydalis solida `Jeorge Baker')

最近の文献やリストでは、ソリダよりも
トランシルバニカ(=Corydalis transylvanica)という種名の方が
通りが良いかも知れません。

タイトルに東欧、と付けましたがどうやら分布は広いようで、
ヨーロッパでは広く栽培されているものの、自然分布の範囲はよく分りません。
私が初めて本種を知ったのは今からちょうど10年前のこと、
ガーデニング雑誌に掲載された記事でした。
それまで知っていた日本のコリダリスには無い鮮やかなロゼの花色に惹かれ、
ぜひこの目で見てみたいと思ったものです。
その時の原産地はルーマニアと記載されていました。

その後、導入されたソリダがそれほど栽培しにくい種ではないことがわかり、
一昨年の秋に思い切って苗を購入。
昨春は未熟な初花でしたが、今年は見事な花穂になりました。
実は写真はメインの花穂を撮影しそびれてしまい、
脇から遅れて飛び出した「おまけ」の花です。
色のせいか、コリダリスの花型をしていますが
同じケシ科のコマクサやケマンソウを連想します。
しかしこれは園芸種として優れた花色のものを
原種の中から選抜した品種ですので、
もともとのソリダにはピンク系だけでなく、薄紫のものも多いようです。

このソリダ(トランシルバニカ)以外にも
海外には魅力的なコリダリスが沢山あり、栽培意欲をそそられます。
現在工事中のロックガーデンが完成したら、
栽培できそうな何種類かを植えてみたいと思っています。

Jeorge_baker


|

« 神出鬼没 -ミヤマキケマン- | トップページ | 最小のオダマキ -ヒメウズ- »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/20532902

この記事へのトラックバック一覧です: 東欧のロゼ -コリダリス・ソリダ-:

« 神出鬼没 -ミヤマキケマン- | トップページ | 最小のオダマキ -ヒメウズ- »