« 池畔の花見 | トップページ | はいあかむらさき -ヤマエンゴサク- »

春眠暁を・・・なんて言ってられないぞ!

春本番とはいいながら、まだ時折風が冷たいですね。
今日も少し冷たい北風が昨日の嵐の余韻を残していました。
今日は午後から回復するはずのお天気が、逆にちょっと下り坂、
風でもひいたら厄介ですから、外出するにも装いに気を遣います。

写真のニホンアマガエルもそんなところでしょうか?
動きが鈍くて目の前に手をかざしてもボンヤリしてて動きません。
まだ冬眠明けの寝起きで目もうつろな感じ。まさに春眠暁を覚えず、ですね。
このカエルは体色と模様をコントロールできる擬態の名手ですが、
どうやら本日の装いを決めかねている様子。
とりあえず柄物でいくことは決まったようですが、春らしいグリーンを選ぶか、
周りの落ち葉に合わせてシックなベージュでキメるか、迷っているようです。

それでも時々のどの鳴嚢を膨らませて鳴く準備をしていますから
やはり気持ちはうきうきの春なんでしょうね。
これから、今いる丘の雑木林から300メートルほど南に降りた谷津田まで
繁殖のために移動するところです。
彼らは移動の途中も「クェッ・クェッ・クェッ・クェッ・クェッ・クェッ」と
鳴きながら、メスに自分の存在を知らせます。
田んぼに辿り着くまで、どのくらい掛かるのでしょう。
おそらく数日掛けるのだと思いますが、途中には危険がいっぱい!
ヘビにも鳥にも見つからずに無事田んぼで仲間たちと合流できるでしょうか?
命がけの大冒険は、間もなくスタートします。

Amagaeru0804

|

« 池畔の花見 | トップページ | はいあかむらさき -ヤマエンゴサク- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/20396918

この記事へのトラックバック一覧です: 春眠暁を・・・なんて言ってられないぞ!:

« 池畔の花見 | トップページ | はいあかむらさき -ヤマエンゴサク- »