« 赤い原種オダマキ | トップページ | 人気の狭間 »

企画展に行こう2

北海道以外はお天気が今ひとつのところが多いようですが、
明日からいよいよゴールデンウィークも後半戦ですね。
みなさまは、どのように過ごされるのでしょうか。

さて、ミュージアムパーク茨城県自然博物館では
3月15日から6月15日までの間、
第42回企画展「化石はたのしい!」を開催しています。
博物館で化石とは定番のようにも思えますが、この企画展では
「化石」というもの様々な視点で捉え、その楽しさ、面白さを体験できます。

化石とはこんな意外さ、不思議さがあったんだと
あらためて発見することも多いはず。生命と地球のコラボレーションからは、
私たちのイマジネーションを遥かに超えた素晴らしい作品が生み出されています。

それらの一つ一つがまるで玉手箱を開いた様に
企画展示室いっぱいにちりばめられているのですから、こりゃ必見です。

実は前回の企画展に続き、
この企画展のポスターもデザインを担当させていただきました。
企画展のコンセプトはとても明確だったのですが、初回打ち合わせの際に
企画展チーフのT氏から
「(60〜70'sあたりの)ポップアートでいってみたいんですよぉ」と
切り出された時は正直仰天しました。
しかし「化石の楽しさを多角的に見せる」というテーマなだけに
これは案外面白いかも、とこちらもノリよく取り組むことに・・・
でもでも、博物館にしては大胆な表現手法ですから、
内心途中でボツったらどうしようかとヒヤヒヤしていたのも事実なんですよ。

いざプレゼンしてみたら、館長はじめ企画展スタッフも支持してくださり、
無用な心配でした。そんなわけで地球からもくもく、ドーンと飛び出す
ポップアートの図案が実現しました。
今まで担当させていただいたポスターとは全く毛色が異なる作品ですが、
まあ、結構楽しんで作ってしまいました。
ただ米風ポップアートを再現するだけでは能がないので、
所々に和風のテイストも交えて構成しています。
もう少し賑やかさとボリュームが欲しいところですが、
ポスターという媒体の目的上
文字情報が見辛いのでは本末転倒ですから、このあたりが味加減でしょう。

虹色ほどに多彩な化石の世界、みなさまも是非、足を運んでご堪能ください!

42_olblog

|

« 赤い原種オダマキ | トップページ | 人気の狭間 »

MY WORKS」カテゴリの記事

コメント

そうだったのですね!
このポスター楽しげでいいなぁ、と思っていたのです。
ポスターによって企画展への興味って変わって来ると思います。
素敵なお仕事ですよね。

ポスターに負けず劣らず、企画展の中身も楽しかったです。
それほど化石に興味を持たなかった私ですが、一気にファンになりつつあります。
やはり「知ること」というのはとても大切なことなのですね。

投稿: nishio | 2008年5月 9日 (金) 10時54分

nishioさんいらっしゃいませ、ムフフ、そうだったのですよ。
「楽しげ」といっていただけたらもう最高です。有り難うございます!
何しろ「化石はたのしい!」ですからね。・・・でも、本当に楽しかったでしょ。
実は私もはまりそう、化石って不思議で面白くて、一種の宝物ですよね。
茨城県内にも新しいのから古いのまで、産地があるようです。
化石探しのミニ冒険もぜひ出掛けてみたいと思っています。

投稿: ぐりお | 2008年5月 9日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/20710469

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展に行こう2:

» 岩井に行ったら、化石を見よう [茨城の自然・探検隊(県南部)   統合版]
前回からのつづきです… せっかく坂東市(旧岩井市)まで来たのだから、自然白博物館 [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 18時00分

« 赤い原種オダマキ | トップページ | 人気の狭間 »