« 空中マイルーム -ハツリグモ- | トップページ | 潮騒の傍ら -ハマエンドウ- »

海浜性のバラ -ハマナス-

今日も寒くてお日様知らず、ゴールデンウィーク前の晴天が恋しいです。
それでも季節は確実に進んでいるようで、
庭のあちこちで小型の甲虫を何種類も見かけるようになりました。
一度ちゃんと調査してリスト化したいのですが、
小型甲虫は同定が手強いのでなかなか本腰が入りません。

こんなお天気でもハマナスは元気に満開です。
こういう派手な花色の花を撮影する時は、
晴れよりも明るい曇りの方が上手くいきますね。
へたくその私でもベタッとつぶれません。

ハマナスの学名はロサ・ルゴサ(Rosa rugosa)、バラです。
はまなし(浜梨)という別名もありますが、
この「はまなし」が東北なまりで「はまなす」になったという説がありますね。
野生状態では北方温帯の海浜性植物ですが、性質は至極丈夫で
多少暑い土地だろうが山間部だろうが実によく育ちます。

以前書いたようにハマナスは、バラの交配親として重要な原種です。
特にオールドローズには欠かせない存在の原種で、
その特徴は前述の丈夫な性質の他、大輪で中心部に対して花弁が大きいこと、
花弁が幅広でオーバーラップすること、マゼンタ色の発色が素晴らしいこと、
香りが強いことなど、実に優れた基本性質を持っている他
八重咲き、白花、白花八重咲きなど、魅力的なバリエーションも存在するなど
世界的に見ても本当に魅力に富んだ優れた原種です。

ついでに言うと花は香水、根や樹皮は染料、実はジャムなどに使われ、
実用性にも富んでいます。
そういえば今年は特に花数が多いので、
家人が花びらを集めてポプリを作っていますが、
置いてある部屋はいい香りでいっぱいです。
花びらでもジャムやゼリーが作れるとか・・・ゼリー、やってみようかな

Hamanasu

|

« 空中マイルーム -ハツリグモ- | トップページ | 潮騒の傍ら -ハマエンドウ- »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/20913927

この記事へのトラックバック一覧です: 海浜性のバラ -ハマナス-:

« 空中マイルーム -ハツリグモ- | トップページ | 潮騒の傍ら -ハマエンドウ- »