« ヤブヤンマだった! | トップページ | 蛾の美しさ3 -シンジュサン- »

垂蛹 (すいよう)-オオムラサキ-

今日は昨日より一層湿度が高く、
26℃という最高気温以上に暑苦しく感じました。
夕方遅くから風がにわかに吹き、こりゃあいよいよ降って来るかなと
本格的なお湿りを期待したのですが、実際に雨が来たのは日付が替わる直前。
久々にザァーっと音のする雨です。
しかし、東北内陸の震災地域では
苦しい避難生活を余震以上に揺るがす雨になりそうで、本当に心配です。

写真は8日に掲載したオオムラサキ、立派に蛹になりました。
タテハチョウらしい垂蛹です。同じ垂蛹でも、9日に掲載した
メスグロヒョウモンとは色も大きさもだいぶ異なります。
形は食樹のエノキの葉に擬態しています。
こうして写真に切り取るとよくわかりますが、実際に現場で見ると
枝に茂る葉っぱに溶け込み、上手く隠れています。

色は粉白がかったライムグリーンで、
それ自体はエノキの葉の色とはちょっと違うのですが、
エノキの葉も表と裏では色が違うし、逆光で透けた見え方、
重なって影になった見え方など、複雑な濃淡が折り混ざるので、
その中に上手く一体化して見えるのです。
でも、メロンのイメージというか、奇麗な色です。
この色を見るといつも、ソーダフロートのアイスクリームが溶けて
ソーダのグリーンに混じったところを思い出します。
大きさは・・・さすがタテハチョウの王様、見事に大きいです。

あとどれくらいで羽化するでしょう?
羽化の瞬間を見ることが出来ればラッキーなのですが・・・
早起きと夜更かし、どちらが見れそうかなあ。

Oomurasakisanagi

|

« ヤブヤンマだった! | トップページ | 蛾の美しさ3 -シンジュサン- »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/21799368

この記事へのトラックバック一覧です: 垂蛹 (すいよう)-オオムラサキ-:

« ヤブヤンマだった! | トップページ | 蛾の美しさ3 -シンジュサン- »