« 垂蛹(すいよう)-メスグロヒョウモン- | トップページ | こちらも黒衣 -イチモンジチョウ- »

黒衣の淑女 -メスグロヒョウモン-

梅雨の晴れ間って嬉しいですね。気分がすかあっと開放的になります。
いつもなら「これで仕事さえなけりゃあ・・・」なんて
罰当たりなことを言うところですが、
今日の仕事は行方市羽生小学校のビオトープ植栽工事第2弾だったので、
子供たちと一緒にこの晴天を満喫しました。
子供たちは給食をはさんで5・6時間目に今年の初プールとのことで、
水浴び三昧の一日に嬉しそうでした。羨ましいなぁ・・・
ビオトープの方も生き物たちで随分と賑わっていました。
その話は近日中に掲載します。

写真は今が満開のクリの花に来たメスグロヒョウモンです。
そう、昨日のブログで蛹を紹介した、あのメスグロヒョウモン。
その名で分かる通り、これはメス。オスはだいだい地に黒い斑点が
いかにも「豹紋」な蝶なのですが、メスはこの通り、まるで別種です。

基本的には黒地に白、なのですが
黒い地の部分は真っ黒な部分のほかに青っぽい黒、赤みがかった黒、
白い帯がにじんだグラデーションの部分があって、なかなかに深い味わい。
同じようにクリの花で見られるよく似たチョウにイチモンジチョウがいますが
こちらはもっと単純な、気持ち焦げ茶がかった黒で、一回り小型です。
メスグロヒョウモンはあの蛹からこんなチョウが出るのか、というくらい
大きく見えるチョウです。

成虫は割合長生きで、夏眠した後、秋に活動を再開するので
秋の野草の花を訪れる姿も見ることが出来ます。
でも、その頃にはハネも少々くたびれていますので、
美しい黒衣の姿を堪能できるのはこの時期に限ります。

Mesugurohyomon

|

« 垂蛹(すいよう)-メスグロヒョウモン- | トップページ | こちらも黒衣 -イチモンジチョウ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/21552279

この記事へのトラックバック一覧です: 黒衣の淑女 -メスグロヒョウモン-:

« 垂蛹(すいよう)-メスグロヒョウモン- | トップページ | こちらも黒衣 -イチモンジチョウ- »