« 黒衣の淑女 -メスグロヒョウモン- | トップページ | ダブルガード -アリグモ- »

こちらも黒衣 -イチモンジチョウ-

お天気はまずまずでしたがムシムシしますね。
北海道の帯広で30℃の気温予想がでていましたが、どうなったでしょう。

クリの開花はまだ続いていて、今日もたくさんの昆虫で賑わっていました。
昨日の記事中で紹介したイチモンジチョウを撮影できましたので、
あまりいいカットではありませんが載せてみます。
昨日のメスグロヒョウモンと比べてみてください。
どちらも白黒トーンで、一見似ていますよね。

でも、黒地の部分はメスグロヒョウモンのような青味を感じません。
むしろやや赤味・・・というか焦げ茶っぽい黒です。
白い帯状の斑紋も、メスグロヒョウモンのように外側に向かって
にじむような感じはなく、コントラストがはっきりしています。
それでも後翅の黒地にはより真っ黒な斑紋の並びがあり、芸の細かさを感じます。
その他、大きさもメスグロヒョウモンより一回り小さいので、
慣れてしまえば見分けに迷う様なことはありません。

問題はこのイチモンジチョウにそっくりの近似種がまた別にいること。
その名もアサマイチモンジ、この2種は本当によく似ていて、
慣れていないとじっと止まっていてもどちらだか迷ってしまいます。
区別点は前翅の白い斑紋の並びが微妙に違うのですが、
文章で書くのはちょっと辛いので、やめておきましょう。

タテハチョウ科には他にも「黒地に白紋」はたくさんいます。
さくら上池のまわりにも、もう何種類か現れるはずなので
機会があったら、また紹介してみます。


Ichimonjicho


|

« 黒衣の淑女 -メスグロヒョウモン- | トップページ | ダブルガード -アリグモ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/21572737

この記事へのトラックバック一覧です: こちらも黒衣 -イチモンジチョウ-:

« 黒衣の淑女 -メスグロヒョウモン- | トップページ | ダブルガード -アリグモ- »