« 蛾の美しさ3 -シンジュサン- | トップページ | 豹が好むは虎のしっぽ »

雨の花・晴れの花

今日は極めて個人的かつ感覚的なお話。

雨の多いこの季節が似合う花、というと、
やはり筆頭に挙がるのはアジサイでしょうか。
ピーカンの晴れがどうも似合わないですよね。
もし燦々降り注ぐと日射しがあったとしても、水滴が沢山ついて輝いている様な
雨上がりの情景なら似合うかもしれませんが。

個人的にはハナショウブも雨天・曇天の方がしっくり来るように思います。
この季節に開花のピークを迎えるのですから、
雨とセットのイメージが刷り込まれているのは当然と言えば当然のこと。
四季折々の情景がきめ細かく花とお天気のセットで浮かぶのは、
案外日本人らしい感覚なのかもしれないと思います。

では雨に濡れて咲く姿が似合わない花はどうでしょう?
野草で考えてみると、これが案外どんな花でも水滴をまとった姿はまた情緒的で
似合わない花を探す方が難しいようにも思えます。
しかし、園芸植物ではヒマワリ、マリーゴールド、百日草、ケイトウ・・・
ルドベキアやアスターなんかもピーカンでないと今ひとつかなあ、
という気がします。
バラやユリは晴れやかな花の代表ですが、
案外濡れても情緒的な気がしますがいかがでしょう?

また、同じ花でも改良品種と原種を比べると、
原種の方が雨が似合うように思えます。
「野趣」という言葉の範囲内には、晴天ばかりではない自然の様々な表情が
含まれているのかも知れませんね。

写真のスイレンは雨も晴れもそれぞれに似合う花だと思います。
でも、個人的には雨のスイレンが好きですね。
水面に浮かぶように咲くスイレンは水が花を咲かせたかのようで、
天からこぼれ落ちる水も受けとめて、一層輝く様に見えます。
本当は、虫に来て欲しい花ですから、雨は有り難くないのでしょうけどね。

Suiren


|

« 蛾の美しさ3 -シンジュサン- | トップページ | 豹が好むは虎のしっぽ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/21845384

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の花・晴れの花:

« 蛾の美しさ3 -シンジュサン- | トップページ | 豹が好むは虎のしっぽ »