« 灼熱の夏トンボ -ショウジョウトンボ- | トップページ | これが元祖 -ノハナショウブ- »

大和蜆と申します

シジミという貝があります。
古代より日本人の食事に欠かせなかった二枚貝ですから、
採集食材の中でもかなり身近で歴史の古いものということになりましょうか。
そもそもこのシジミという名の語源には、
大きな貝である「カラス貝」に対して付いた
小さな「スズメ(貝)」だという説があるのだそうで・・・

この大きなカラスと小さなスズメにちなんだネーミングでは、
マメ科植物のカラスノエンドウとスズメノエンドウが知られていますね。
この場合も小さな方がスズメノエンドウということになりますが、
両者の中間的な種類にカスマグサ(カラスとスズメの間の意)なんて
シャレみたいな名前もあります。

さて、写真のチョウはヤマトシジミといいますが、
私たちが通常食べる貝のシジミも汽水性のヤマトシジミ。全く同じ名前です。
シジミは小さいことの象徴として用いられた語で、
ヤマトは言わずともがな、我が国日本を表します。

チョウのヤマトシジミはその名の通り、
日本を代表するほど身近なシジミチョウ、ということですが、
実際に分布は北海道を除く全土。
食草が都会のコンクリートの隙間にも果敢に生えるカタバミですから
よく探すと銀座や新宿の街中でも見ることが出来る数少ないチョウです。
意外に、人の生活の影響が及びにくい大自然の中では
あまり見かけない、スズメの様なシジミです。

写真は交尾の最中。
互いに逆向きとなり、お尻とお尻をくっ付ける交尾姿勢は
チョウやガでは定番の方法です。
蝶ネクタイの様なシンメトリーが面白いですね。

このチョウは体を小さくし、食草も小さなスペースで育つ小さな草を選び、
短い期間で成長し、年に5〜6回も世代交代するという
まさにコンパクトに徹した生活戦略です。
この方法は、今のところ成功していると言えそうですね。

一方、貝のヤマトシジミは水質汚濁や河川整備の影響をまともに受ける
汽水域が生活圏、重要な食材でありながら、全国の名産地でさえ減少傾向です。
わが茨城県にも涸沼という美味しいヤマトシジミの産地がありますが、
近年漁獲が激減していると聞きます。

それぞれに身近なヤマトシジミ、しかし、明暗の分かれた現状は
水の中の危機に鈍い日本の行政体質も垣間見え、ヘビーな気持ちに・・・
しかし最近大きな二つの朗報がありました。
ひとつは中海の解放が決定したこと。
もうひとつは諫早湾の5年間の解放が司法の場で命じられたこと。
数少ない光明ですが、とりあえず良かった・・・

水から繋がる生態系を再生することは、
環境面でも産業面でももっと重視されるべき命題だと思います。
あ、シジミチョウから話題が遠足しちゃいましたね。失礼!

Yamatoshijimikoubi

|

« 灼熱の夏トンボ -ショウジョウトンボ- | トップページ | これが元祖 -ノハナショウブ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/22068778

この記事へのトラックバック一覧です: 大和蜆と申します:

« 灼熱の夏トンボ -ショウジョウトンボ- | トップページ | これが元祖 -ノハナショウブ- »