« 大暑 -ツマグロヒョウモン- | トップページ | 湖上にて1 »

夫婦の距離 -ヒメガマ-

今日もメチャメチャ暑いですね。みなさん大丈夫ですか?
現在(16:30)34℃、さっき見た時は36.5℃でした。今日の最高気温です。
日中はあまりの暑さに、飛行中に落下してしまう昆虫をみかけました。
チョウも花を離れて木陰で休んでいましたし、
トンボも陽に当たる面積を減らす「逆立ち止まり」でした。
人に限らず、みな辛そう・・・

写真はさくら上池のヒメガマです。
少しは涼しげかなと思い載せてみたのですが、う〜ん、今ひとつかな・・・
このあたりでは池や川、そして霞ヶ浦の湖畔に
ガマ、コガマ、ヒメガマと3種類のガマの穂を見ることができますが、
穂の特徴に注目することで種類を判別できます。

いわゆる「ガマの穂」で、ソーセージのように見える部分は雌花です。
雄花はそのソーセージの上に、刺した串(花茎)にまとわりつくように
ごしょごしょっと見える部分です。
写真ではすでに雄花は咲き終わっていて、枯れた様な焦げ茶色になっています。
同じ穂では、雄花は常に雌花より先に咲いて、
雌花が受粉の準備ができた頃には咲き終わっているのです。
自家受粉を避けるためですね。

ヒメガマの特徴は雄花と雌花の距離。ほら、よく見ると隙間があるでしょ。
遠目で見てもこの隙間があるようなら、まずヒメガマで間違いありません。
雄花と雌花(夫婦)のほどよい距離でしょうか。
また、雄花の部分が長いのと、雌花が明るい赤茶色なのもヒメガマの特徴です。
ガマとコガマは穂の形がよく似ていますが、サイズが明らかに違います。
ソーセージの長さが10センチ未満であれば、ほぼコガマです。

池のヒメガマは植えたものではありません。勝手に生えて来ました。
ガマの穂は晩秋に熟し、ぼふっと崩れて種子の綿毛を風に乗せます。
見た目風情があり、トンボの羽化や成虫の止まり場所として役立つので
そのまま生えてもらっていますが、とても旺盛な植物なので
放っておくと池じゅうに広がってしまいます。
しかも、横に這う地下茎は先端がとても堅く尖っているので、
シートで出来たビオトープなどではシートを突き破って
漏水の原因になることも少なくありません。
ですからさくら上池では、風情を楽しむ程度に株を残して
毎年刈り取ってセーブしています。
切り取った穂は室内に飾って楽しみますが、
ドライフラワーにして長くとっておくことも出来ます。

Himegama

|

« 大暑 -ツマグロヒョウモン- | トップページ | 湖上にて1 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/22495716

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦の距離 -ヒメガマ-:

« 大暑 -ツマグロヒョウモン- | トップページ | 湖上にて1 »