« コガネムシではない | トップページ | 水槽のさし枠 »

ジャパニーズ・ビートル

今日はそこそこ涼しくて、一息つけました。
午後は曇ったものの、雨が相変わらず期待できそうにありません。

写真の昆虫はマメコガネ。コガネムシの仲間でも小さい方で、
都会でも緑が多いところでなら見かける種です。
名前の「マメ」は小さいということかと思っていたのですが、
大豆をはじめとするマメ科の葉を好むことから付いたようですね。

子供の頃から身近な虫でしたが、個人的には
頭部・胸部と羽の色がくっきり違うところや
上から見ると案外角ばっているプロポーション、お腹の節のところに
ふさふさと白い毛が生えているところなど、
なんとなくエキゾチックな感じがして、
外国っぽいコガネムシだなあ・・・と思っていました。

ところがところがこの虫、外国っぽいどころか、
アメリカでは「ジャパニーズ・ビートル」と呼ばれ、大層嫌われています。
なんでも日本からアメリカに渡ったアヤメの苗に混入していたとかで、
ちょうどいい天敵が存在しない向こうでは大発生し、
大豆などの農作物に大被害をもたらしたそうです。

向こうからやって来たセイタカアワダチソウやブラックバス、
ウシガエルなどにけむたい顔をする日本人は少なく無いと思いますが、
アメリカにとっての「フロムジャパンの外来種」のことは
案外知られていないのではないでしょうか?
日本では葛粉をとるあの「クズ」も、アメリカでは脅威となっている
外来種だったということ、ご存知でした?

外来種に多く見られる特徴は、新天地の生態系に溶け込めなかった場合には
当然消滅してしまうものの、そうでなかった場合は、
無敵の覇者となって新天地の生態系を貧弱にしてしまうほど
強い種として定着するということ。
日本は他に類を見ないほど、
飼育栽培目的で外国の動植物を輸入している国。
外来種法の施行なども有りはするものの、
実質上モラルだけにゆだねるしかない現状は、かなり危険ですよねえ!

Mamekogane

|

« コガネムシではない | トップページ | 水槽のさし枠 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/22890079

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパニーズ・ビートル:

« コガネムシではない | トップページ | 水槽のさし枠 »