« やつらに負けるな! -ニホンアカガエル- | トップページ | 死の通行止め -ナガコガネグモ- »

水生昆虫? -ジュンサイハムシ-

毎日書きますがムシ暑いです〜。
今日は本当に湿度がたっぷりで、もう水蒸気が飽和の限界(言葉が変?)、
空気が水分で重いという感じでした。
いい加減降ってくれるのではと期待してます。

今日は午前中調査の仕事でつくば市内の某ため池に出掛けました。
祝物の調査でしたが、行ってみると
つい1〜2日前にきれ〜いに草刈りされたようで、
調査しようにも何とも・・・
それでも70種類以上のリストアップが出来ました。(根性!)
刈られて干涸びた破片で出した種類もあります。

このため池、水面部分の殆どをヒシがびっしりと覆っているのですが、
よく見るとヒシの葉っぱはもれなく穴だらけ。
犯人は写真の昆虫、ジュンサイハムシでした。

ジュンサイハムシはその名の通りジュンサイをはじめ、ヒシやシロネに
つくので、池沼やため池とは切れない仲の昆虫です。
シロネはともかく、ヒシとジュンサイはともに水中に根を張り
水面に葉を広げる浮葉植物、
成虫も幼虫もそれを食べるジュンサイハムシは
当然、水面が生活域となります。

これってもはや水生昆虫と言ってもいいのでは?
それとも直接水面ではなく、あくまで葉の上なのでやはり陸生なのかな?
よく見てみると、他の葉に移動する際、表面張力を使って
能動的に水上移動しているように見えます。
時々こてんと水面でひっくり返るのですが、
ぱっと翅を広げて器用に起き上がります。
ビロウド状に微毛が生えた体表面が水をはじくので、
こんなことが出来るようです。やっぱり水生昆虫じゃん!?
アメンボが水生昆虫なのとほとんど変わらないように思えます。
しかし、水生昆虫をまとめた文献の中に、
ジュンサイハムシを見つけることは出来ませんでした。
水生昆虫の定義って、何なのでしょうね。

Junsaihamushi

|

« やつらに負けるな! -ニホンアカガエル- | トップページ | 死の通行止め -ナガコガネグモ- »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。池田と申します。
私はネクイハムシを研究しており、ヒシにつくネクイハムシを採集したいのですが、可能でしたら、つくば市でヒシが繁茂する池を教えていただけませんでしょうか。
また、他にネクイハムシが採集できるポイントをご存じでしたら教えていただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

投稿: | 2016年7月16日 (土) 16時56分

池田様はじめまして。
この記事の画像はまさにつくば市内のため池で、ここには沢山のヒシがありましたが、
結構前の話なので、現在あるかは分かりません。つくば市小和田の松池というため池です。
その頃はこの池に近い北条大池に付属する「新池」にも沢山のヒシがありました。
他にもあるかもしれませんが、私は残念ながら知りません。

ネクイハムシの仲間でヒシにつくものがいるとは知りませんでした。
イネネクイハムシなら、石岡市の茨城県フラワーパークの近くにある
中原池というため池で見たことがあります。
あまりお役に立てそうも無い感じで申し訳ありません。

投稿: ぐりお | 2016年7月18日 (月) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/22775616

この記事へのトラックバック一覧です: 水生昆虫? -ジュンサイハムシ-:

« やつらに負けるな! -ニホンアカガエル- | トップページ | 死の通行止め -ナガコガネグモ- »