« 栗は豊作、でも・・・ | トップページ | 0.5坪の黄金色 »

ストライプ効果 -キチョウ-

昨日の午後はちょっと台風一過っぽかったのに、今日はまた不安定。
昨日から順延になった子供の運動会も、昼過ぎからの雨で
大幅なプログラムの短縮を余儀なくされました。
このまま秋雨モードに突入でしょうかね。

本日の写真は、この時期ハギの小枝を丹念に探すと見る事が出来る青虫、
キチョウの幼虫です。
しかしどのハギにも同じ様にいるという訳ではなく、
どういう訳かいない株には全くいないのに、
一匹見つけると、その株には他にもまだ付いていたりします。

写真の株はまだ30センチ足らずの今年芽生えたもので、
花も咲かない小さな株ですが、全部で幼虫が3匹、蛹が2匹付いていました。

この虫、シンプルな形にシンプルな模様ですが、不思議と隠れ上手で
目が慣れるまでなかなか見つかりません。
この写真も、幼虫の全体像がわかるようにしつつ、バック色を
なるべく緑色にしないよう調整するのに、ちょっぴり苦労しました。

どうやらその秘密は体の横を通っている一本の白いストライプ。
一見かえって目立ちそうですが、実はこのストライプ、
枝に平行して凹凸のある、ハギの枝のハイライト部分に見えて、
相対的に他の部分をぼかす効果があるようです。
実際、バックがもう少し緑色っぽくなると、驚くほど効果を発揮します。

今頃幼虫でいるキチョウは、成虫で冬を越える個体です。
キチョウは成虫の姿で冬を越して、来年へと命をつなぐチョウ、
大切な任務を背負って、厳しい冬を耐え抜かなくてはなりません。
一方、今庭を舞い飛んでいる沢山のキチョウは最後の産卵を済ませると
もう成虫で越冬する個体は殆どいないのはないでしょうか。
そう思うと、飛んでいる姿も心なしかはかなげに見えますね。

Kichouyochu


|

« 栗は豊作、でも・・・ | トップページ | 0.5坪の黄金色 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/23910670

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプ効果 -キチョウ-:

« 栗は豊作、でも・・・ | トップページ | 0.5坪の黄金色 »