« ミントじゃなくて薄荷 | トップページ | 朝露ころり »

舞妓はん薄化粧 -マイコアカネ-

また、やや久し振りの雨になりました。
最後の雨が8月30日ですから・・・やっぱり久し振りですね。
写真は17℃まで冷え込んだ朝方のもの。
竹林から差し込んだ遅い朝日を浴びて、まったり中のマイコアカネです。

この時期、庭の赤とんぼではこのマイコアカネが最も多く、
ようやく先週あたりからノシメトンボ、
そしてたま〜にマユタテアカネも目に付き始めました。

マイコアカネのトレードマークは秋が深まり、成熟した個体に見られる
顔の青白いお化粧。名前の由来になっています。
このところ最低気温が低い日が続いたせいか、薄黄色だった顔に
ほんのり青白いお化粧の色が差して来ました。
この写真では分かりませんが、細長い腹部の背面にも
一筋の紅が差し始めています。

舞妓はんがとまっているのはセリ科の野草、ノダケの蕾が入った苞葉。
秋本番の頃には、チョコレート色の小花をテーブル状の花序に沢山咲かせ、
虫たちを喜ばせます。
その頃には、マイコアカネも見事にお化粧して
美しい姿を披露してくれると思います。

Maikoakanesept

|

« ミントじゃなくて薄荷 | トップページ | 朝露ころり »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/23674710

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓はん薄化粧 -マイコアカネ-:

« ミントじゃなくて薄荷 | トップページ | 朝露ころり »