« 秋桜といえば・・・ | トップページ | 晩秋の使者 -オオアオイトトンボ- »

咲き散らかる -ユウガギク-

秋晴れの行楽日和でしたねえ。
生憎私は出掛けられませんでしたが・・・
しかし夕方前の少しの時間で、
伸び放題だった栗の枝をだいぶ整理できました。
来年は多くの花と実が期待できませんが、再来年に向けての軌道修正です。

作業しながら庭のあちこちを歩き回りましたが、
どこにいっても白い野菊が足元に揺れます。
写真の花、ユウガギクです。

ユウガギクとは漢字で書くと優雅菊ではなく「柚香菊」、
ユズの香りがする菊ということですが、そうかな?
そういわれてみれば、なんとなーく僅かにそんな匂いが
しないでもないような・・・でもちょっとムリがあるような・・・
まあ、個体差ってこともあるかもしれないので、
もう少し知見を広くしてから言及することにしましょう。

ユウガギクの花はご覧の通り、スタンダードな野菊の形です。
我が家にはこの形でこの大きさの野菊が
他にもヨメナとノコンギクの2種類ありますが、この2種はユウガギクより
咲き出しが遅く、ノコンギクの一部がようやく咲き出したところです。

ユウガギクはお盆を過ぎた頃からちらほら咲き出しますが、
だんだん咲き進むにつれ、首を伸ばし他の植物に倒れ掛かったり、
地面に伏してからまた起き上がったりして、
株の根元からは見当違いのところでぱらぱら開花します。
その様子はまるでちぎった花を草むらに散らしたようで、
いつも「咲き散らかる」というフレーズが頭に浮かんできます。

言葉からすると乱雑な印象も含みますが、花が清楚なものですから
「野趣」と表現して済ませられる風情があり、気に入っています。

以前我が家を訪れた友人が、この「咲き散らかった」様子の
ユウガギクとノコンギクの叢を見て、
「陰陽師の屋敷みたい」と表現したことがありましたが、
これは我ながら言い得て妙で、庭にいただいた褒め言葉のトップランク。
陰陽師の庭、いいじゃない・・・と、
一人思い出してはニヤニヤしています。

Yuugagiku2008jpg

|

« 秋桜といえば・・・ | トップページ | 晩秋の使者 -オオアオイトトンボ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
こちらは野菊はそろそろ終わりって感じかなー。
出勤途中の道路脇ではエゾノコンギクが咲き乱れていて
薄紫の絨毯みたくなってたのですが、
今ではまばらになっています。
群生するととても綺麗に見えるんですが、
こちらでは雑草扱いというちょっと可哀想なキクなんですよね~。

投稿: こー | 2008年10月15日 (水) 06時12分

こーさんども!
野菊って、気にしていないとなんとなく見過ごしてしまいますよね。
どこにでもあるし、所変われば微妙に種類も違って同じ様に咲いているし・・・
でも、道ばたに咲いているから
キレイに苅り払われていることもよくありますよね。

私の場合、ノコンギクの花色の個体変異に気が付いてから
気にする様になりました。
あらためて見ると、結構きれいだし、丈夫で秋遅くまで咲いている
貴重な蜜源だし、これでもビオトープには大事な植栽材料なんですよー。

投稿: ぐりお | 2008年10月15日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24484687

この記事へのトラックバック一覧です: 咲き散らかる -ユウガギク-:

« 秋桜といえば・・・ | トップページ | 晩秋の使者 -オオアオイトトンボ- »