« 鳥の季節間近 | トップページ | ゴスロリ -ハバヤマボクチ- »

下垂性のシンビ -ヘツカラン-

本当の季節は突然やって来ました。
今までずっと気温が高めでしたが、昨夜から冷え込み
今朝の最低気温は8℃。あっさり10℃を割り込みました。
今週は平年より低めで推移するとのことでしたが、
どちらかといえばこれがいつもの10月下旬でしょう。

温室では秋から初冬に咲くランがぽつぽつ開花し始めています。
写真の花もそのひとつ、日本に自生する原種シンビジウムのヘツカラン。
ヘツカラン(Cymbidium dayanum)の名前にあるへツカは
鹿児島県大隅半島の辺塚、
佐多岬よりちょい北の東岸にあるこのランの自生地です。
日本ではここと南西諸島の一部でしか見られませんが、
dayanumそのものは比較的広域に分布するシンビジウムで
タイの方まで行くと日本のものとは全く異なる、
花全体が赤紫褐色のタイプが見られます。

日本のものは写真の通り
白地の花弁の中央に赤紫褐色のラインが入る個性的な花です。
この色と模様は里山でまれに見られる、同じシンビジウム属の腐生ラン
マヤランの花とよく似ています。

ヘツカランの特筆すべき特徴は何といっても下垂性の花序。
すなわち花が垂れ下がって咲くのです。
このランは樹上着生しているので、
垂れ下がって株よりも低い位置で咲いても、何の不都合もありません。
むしろ、風に揺れながらぶら下がっている花は、
昆虫に見つけてもらいやすいかも知れませんね。

実際、開花したこのランを外に出しておくと、
ニホンミツバチがよくやってきます。
花には面白い仕掛けがあって、ミツバチが花の奥にある蜜を求め潜り込むと
ずい柱の先端にある花粉塊がスタンプのように
ミツバチの背中にぺたんと押されます。
背中に花粉を付けたミツバチが別の花に移って再び潜った際に
ランの思惑通り受粉するという筋書きです。
ヘツカランの蜜は他のシンビジウム同様、さらりとした無色透明ですが
ちょっと薄めのガムシロップのような甘さでなかなか美味、
これをいただけるのですから、蜂さんも花粉の宅配ぐらいしてあげないとね!

Hetsukaran

|

« 鳥の季節間近 | トップページ | ゴスロリ -ハバヤマボクチ- »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもです。
ヘツカランっていいですよね~。
私もヘツカランを持ってるんですよ~。
でも今年は開花せずに終わってしまいそうな感じです。
あの花を見たかったのになぁ。
残念残念。
ほんとはこれですね、開花したときに種を採ろうかと
受粉をさせたのですが、うまくいかなかったんですよね~。
自家受粉できないのかしにくいのかわかりませんが、
うちのヘツカランは自家受粉に失敗しました・・・・。
う~ん・・・・。

投稿: こー | 2008年10月29日 (水) 05時31分

こーさんどもです。
こーさんもお持ちでしたか。
ヘツカランは、自家受粉するんじゃないかと思いますよ。
いうちの株はもう20年選手ですが、
以前住んでいた家では、よく受粉結実しました。
ニホンミツバチがよく訪花してたし、
そう一般的な種類でないので、近くで誰かが栽培してる感じでもないし
おそらく自家受粉だと思います。
引っ越して以降は、温室を浅い半地下式にしたり
窓開放の管理を変えたりしたので
以前ほど蜂が来なくなってしまいました。

来年、開花しそうだったら、うちの株の花粉を
送りましょうか?(うちのが来年咲かなかったりして・・・笑)

投稿: ぐりお | 2008年10月29日 (水) 08時55分

こんばんは、はじめまして。
ヘツカランいいですね。
同じ牛久なので、どこで購入できるか教えてください
ずーと気になっていました
よろしくお願いします

投稿: おーちゃん | 2008年11月 9日 (日) 20時31分

おーちゃん様、はじめまして!
牛久の方なのですね、ようこそお越し下さいました。

うちのヘツカランはもう20年以上栽培しているもので、
当時都内のデパートで山野草の催し物をやった時に
出店していたお店で購入したものです。(確か屋久島植物園さん)
近隣で売っているお店は、どうでしょう・・・無いかも知れません。

でも野生ランとしてはそれほど出回っていないものではないので、
山草屋さんの通販で買えると思いますよ。
二年ほどお待ちいただければ、うちのも次の株分けのタイミングになるので
差し上げられるかも(笑)
(↑実は昨年分けたばかりなのです。分け株も予約の友人たちに
引き取られ、あっという間に売り切れでした)

投稿: ぐりお | 2008年11月 9日 (日) 22時38分

こんばんは、突然書き込みしたのに、返事をいただきありがとうございます。龍ヶ崎蘭展を見に行き、そこに展示されているのを見て、一目ぼれをしてしまいました。ネットで探したのですが、なかなか見つけることが出来ませんでした。あつかましいですが、株分けの予約してもいいですか?
是非お願いします。

投稿: おーちゃん | 2008年11月10日 (月) 20時32分

おーちゃん様
うちのは前述の通りの状態ですので
少々気長にお待ちいただけるのであればどうぞ。
待てない場合は多分四国ガーデンか屋久島植物園、
もしくは神奈川の中外植物園で扱っていると思います。
龍ケ崎のラン展には出掛けたことがないのですが、
会のみなさまなかなか活発に活動されているようですね。

投稿: ぐりお | 2008年11月10日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24815392

この記事へのトラックバック一覧です: 下垂性のシンビ -ヘツカラン-:

« 鳥の季節間近 | トップページ | ゴスロリ -ハバヤマボクチ- »