« 学校ビオトープ10 -アオミドロ掃除- | トップページ | 秋桜といえば・・・ »

ミニなススキ -コブナグサ-

今日の最低気温は今、日付が替わる時に出た13℃でした。
何となく西高東低で、寒気が入って来ているようですね。
低気圧の中心気圧が台風並みに低いので、
北の方では荒れているのではないかと心配です。

こちらは午後から秋晴れ、雨の余韻が湿り気となって残っていましたが、
夕方近くなるとそれが急に冷えて夕霧が出ました。
今はお月様がクリアで、気温以上に一層ひんやり感じます。

写真は4日前に紹介したコブナグサ。
穂が開きました。ミニサイズのススキみたいでしょ。
竹を細く裂いたヒゴで柄を作った線香花火のようにも見えます。
撮影するならこれもやっぱり、逆光が好きだなあ・・・

注目は柄の色、先端が緑なのに、
下に向かって赤へと変わるグラデーションが不思議ですよね。
こうして撮影したものを見ると、虹のスペクトルを見ている様です。
風がそよっと吹くたび、庭の方々でこの穂が光りながら揺れる揺れる・・・

大抵は厄介に思うイネ科の雑草ですが、
このコブナグサとケチヂミザサだけは
何となく可愛く思え、この時期までは除草していません。
しかし、いくら可愛くても種が実る前に8割程度は刈り取らないと
来年えらい事になってしまいます。
じつは去年もやりすぎたかと思うくらい刈り取ったのですが、
それでも今年のこの有様ですから・・・

雑草は強いです。
ほとんど種が落ちないうちに思いっきり刈り取ったくらいで、
折り合いをつけて翌年はまた同じ様に茂ります。
しかしこれでいいのかも知れません。
イネを食べる虫はイネ科の雑草も食べますし、
彼等がしっかり茂った畦やのり面は、
少々の乾燥にも豪雨にも崩れずに耐えます。
農業害虫の天敵を養う場にもなります。
鎌で刈り取るのは大変な苦労ですが、除草剤を使ってしまうと
いい折り合いをつける事は出来ません。
互いを活かし、リスクを分散している部分も多々あるように思います。
農家の方には叱られそうですが・・・

Kobunagusaho

|

« 学校ビオトープ10 -アオミドロ掃除- | トップページ | 秋桜といえば・・・ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24440444

この記事へのトラックバック一覧です: ミニなススキ -コブナグサ-:

« 学校ビオトープ10 -アオミドロ掃除- | トップページ | 秋桜といえば・・・ »