« 咲き散らかる -ユウガギク- | トップページ | 和のサルビア -アキギリ- »

晩秋の使者 -オオアオイトトンボ-

また一日ぐずぐずのどんより、午後からシトシト雨でした。
気温は20℃ですから昨日と大きく違わないのですが、
お日様が無いというのは気温以上に寒く感じます。

写真は昨日のカット。オオアオイトトンボです。
思えばブログを始めたばかりの昨年11月、
このトンボはネタとして登場していました。
その時は活動末期の状態を観察しましたが、
秋本番を迎えようとする今、
このトンボはようやく池に戻り始めたところです。

これから数週間のうちにどんどん数が増えて、
やがて交尾〜産卵行動へと移ります。
背中がメタリックグリーンの美しいトンボですが、
じっとしていると意外と目立ちません。

そうそう、話題がそれてしまいますが、
トンボと言えば例年ならこのオオアオイトトンボが現れる前に
ノシメトンボ、アキアカネ、ナツアカネが押し寄せるはずなのですが、
今年は僅かな数しかやって来ていません。
いや、見られる事は見られるのですが、少ない!こんな数じゃないはず!!
気候の不順も色々とありましたから、
遅れているのだろうとばかり思っていたのですが、
オオアオイトトンボが先に現れ始めたので少し焦っています。
気になって仲間に聞いてみると、皆異口同音に「赤とんぼが少ない」。
どうしたんでしょう?ホントに心配になって来ましたよ。

九州は佐賀の知り合いからこの夏、
赤とんぼ類が壊滅的に減っているとの報告がありました。
8月に定点で調査しているマユタテアカネが
昨年数百をカウントしていた田んぼで、軒並みゼロ行進!とのことでした。
どうやら水田内で使われ始めた農薬の影響らしいのですが、
マユタテアカネに限らず、水田や水田に併設された水路で発生するタイプの
赤とんぼはみな減っている様です。
「そっちは大丈夫か?」と訊かれ、
筑波山麓の観察では羽化までは順調に確認できていると答えましたが、
なんだか変な胸騒ぎ。遅れているだけならいいのですが・・・
異変の情報がありましたら、どうぞお寄せください。

Ooaoitotonbo

|

« 咲き散らかる -ユウガギク- | トップページ | 和のサルビア -アキギリ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!お久しぶりです!
今年の夏は家のなか中バテバテで…。いろいろなコ達に、ゴメンね〜状態でした。マッキーかかさまショックで…お世話が滞ってしまい、大事なコ達が殻だけになってしまいました。
残念です…

投稿: PU−SAN | 2008年10月14日 (火) 22時58分

PU-SANお久しぶりですー!!
私の方も、自分も含めてなんですが、体調不良が目立つ夏でしたよ〜。
まぁ月並みですが、トシかなぁ〜なんてつくづく・・・
とりあえず気温低いので、お互い風邪引かない様にしましょう。

今年はですねー、ゲンゴロウにかまけてました。
でも私はデムの飼育数が少ないですから、メンテは何とか。
おかげでクリマルもヒタチも産む産む・・・いい加減どうにかせんと。

投稿: ぐりお | 2008年10月14日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24502878

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の使者 -オオアオイトトンボ-:

« 咲き散らかる -ユウガギク- | トップページ | 和のサルビア -アキギリ- »