« ひなたぼっこ -ツマグロヒョウモン- | トップページ | さあて困った -クロアゲハ- »

水辺の秋色 -コブナグサ-

水生植物が大好きなオンブバッタ、
今日もオモダカの茎でマイペースな昼休みをとっています。
ふと見るとどのオンブバッタも大体同じくらいの高さで休んでいます。
彼等の昼下がりはどのような景色だろうと
水路の畔にしゃがんでファインダーを真横に向けると、
そこは一面のコブナグサが織りなす、
若草とセピアを紡いだ秋色の水辺でした。

コブナグサは我が家で一番幅をきかせているイネ科の草です。
以前住んでいた家ではメヒシバが雑草の王者でしたが、
ここでは今のところコブナグサの天下。特に水辺が好きな様ですが
畑の縁やクヌギの根元にもクッションのように繁茂しています。
普段は足元でわさわさしているだけの草ですが、
こうして横から見るとなかなか風情がありますね。
穂はようやく伸びきったところで、これから開花し、
種子が充実する頃にはススキを小さくした様な穂になります。

それにしても、穂を掲げる茎の繊細なこと!
まるで針のように細くてたおやかに揺れています。

コブナグサはそこら中に殖えてしまっているのですが、
嫌いではないので、あまり成敗せずにいます。
そのため水辺は殆どの部分で彼等が周囲を囲んでいます。
ファインダーを覗いていたら、何だかすっぽり囲まれて、
オンブバッタの気分になって来ました。
これから広がる穂も、逆光に光る姿が美しいので楽しみです。

Kobunagusashussui

|

« ひなたぼっこ -ツマグロヒョウモン- | トップページ | さあて困った -クロアゲハ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24290977

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の秋色 -コブナグサ-:

« ひなたぼっこ -ツマグロヒョウモン- | トップページ | さあて困った -クロアゲハ- »