« お札の図案を作る | トップページ | 持ち家のきのこ »

池の露秋2008

昨夜遅く雨が来ました。未明まで時々降ったような外の濡れ方でした。
今日は晴れたのは朝のうちだけで、日中は雲りがち。
昨日と同じ様な東寄りの風が吹きましたが、気温は低くありませんでした。
夕方以降も冷え込みが弱いせいか、虫の声が息を吹き返し
いつもより気持ち賑やかです。

今日の画像は、毎月一度の池の定点撮影。
だいぶ秋が深まって来たように感じていたのですが、撮影してみると
ガマズミの赤い実が、よく膨らんで真っ赤になったのが目立つくらいで、
池の部分については先月とさほど大きくは変わらないようです。

ブッドレアはまだ咲き続けています。
先日大幅に切り戻しをしようかと思ったのですが、
まだ羽化が見られるツマグロヒョウモンにとっては
貴重な蜜源になっているようなので、もう少し先に延ばしましょう。

ジュンサイの葉が少々減ってきていますが、左側にかたまっていた
トチカガミはだいぶ衰退しました。
すでに槍の様な越冬芽を水底に落とし、今年の活動を終えています。
水中ではゼニタナゴがいよいよ産卵期のピーク。
今年は産卵行動の観察用&産卵後の貝の管理用として、
池の堤体寄りの中央付近に
ボール型のプランターに砂を入れたものを用意しました。
この中にはゼニタナゴ好みの極上ドブガイが入っています。
画像でも沈めてある煉瓦色のプランターが確認できると思います。
どうやら思惑通りここで一番大きな雄がテリトリーを張っている様子、
これから10日ほどで産卵が一気に進むと思います。

太陽の位置が低くなったため、池の奥にまで日が入る様になりました。
赤とんぼの群れが一向に現れないことだけが、いつもの秋と違いますが
きっとやって来ると信じて、もう少し待ってみたいと思います。

Ike2008roshu

|

« お札の図案を作る | トップページ | 持ち家のきのこ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24634557

この記事へのトラックバック一覧です: 池の露秋2008:

« お札の図案を作る | トップページ | 持ち家のきのこ »