« 半寄生? -コシオガマ- | トップページ | 見〜つけた! -アオマツムシ- »

初めてのカメラ

今日はぐずぐずのどんより、気がめいりそうな暗さでした。
こんな日は外に写真を撮りに出られませんから・・・
というか、出る気分にもならなかったので、
前から掲載しようと思っていた古いカメラの話題を・・・

写真のカメラ、私が中学2年生の終わり頃に
生まれて初めて自分のお金で購入したカメラです。
「コニカC35 FD」、多分当時から台数は多く無かったと思います。
これのベースになったコニカC35は、国民的な大ヒットカメラでしたので、
比較的どこにでもありふれているものでした。
「じゃ〜に〜コニカ」の愛称と井上順サンのCMキャラで
お茶の間でもポピュラーな製品だったと記憶しています。
我が家でも「コニカC35」のフラッシュマチックという機種が
レジャーや催事のお伴として大活躍していましたので、
自然と触る機会も多く、ゆえに自分のカメラもその上位機種である
「FD」となった訳です。

このカメラが普通の「コニカC35」より上位である特徴は
いくつかありますが、私が一番注目した特徴はシャッター速度優先の
露出機構。この手(いわゆるバカちょん)のカメラの機能としては
珍しいものでした。なぜシャッター速度を変えられる事に拘ったかというと、
当時カメラで撮りたかったものがネイチャー以外にもうひとつ・・・
フフフ、それは街を走るスーパーカーだったのでした。
当時はすっごいブームでねぇ・・・首都高の出口で待ち伏せして、
来たヤツを驚喜しながら撮影してました。
流し取りもやりましたが、とりあえず早いシャッター速度は必須。
今でもその時代のスポーツカーにはやたら詳しかったりします。

それと、下位機種に比べ大きく明るい(F1.8!)ヘキサノンレンズ。
当時のこの手としては、これも珍しい装備で、
当時海外でも評価が高かったようです。

ネイチャーマクロに関しては、一眼レフと違い元々限界がありましたが
それでもこのカメラには面白いオプションがあり、これも魅力でした。
それが画像の左側に移っているへんてこな補助レンズです。
「AUTO-UP3」なるこのオプションはマクロ撮影用のいわゆる
クローズアップレンズですが、面白いのはレンジファインダー特有の
パララックス(視差)をカバーするために、ファインダーでも
レンズと同等のピント合わせが出来る様に工夫されていること。
まあ、とはいえ最近撮影距離がノーマルの90センチから50センチに
縮む程度のことなんですが・・・これでチョウや花を撮っていました。
このカメラを夢中で持ち歩いた期間はおよそ3年ほどでしたが、
押したシャッター数は相当なものだと思います。

このカメラ、大事にとってあるので今でもちゃんと使えますよ。
選べるのはシャッター速度だけ、というシンプルなカメラですが、
ファインダー内には応じた露出値が針で表示されますから、
撮影意図を反映するには最低限の充分さ(変な日本語?)があります。
これでちゃあんと写るんですから、大したものです。
でも、写真の本当の楽しさを教えてくれるのは、最新型よりも
案外こういう素朴なカメラかも知れません。

Konica_c35_fd

|

« 半寄生? -コシオガマ- | トップページ | 見〜つけた! -アオマツムシ- »

MY FAVORITE」カテゴリの記事

コメント

初めてのカメラがコニカだったんですね~。
実は私もそうです。
私のはコニカのエイコムワンっていったかな、確か。
まだ探せばあるかなぁ・・・・捨てた記憶はないから。
でもコニカってカメラはもう作ってないから残念ですよね~。

投稿: こー | 2008年10月 9日 (木) 06時04分

こーさんどもです。
そう、こーさんもコニカでスタートですか。
今じゃコニカミノルタですしねー。ちょっと残念ですよね。
でも、コニカの伝家の宝刀「ヘキサノンレンズ」も消滅してしまいましたが、
技術的系譜は受け継がれていると信じたいです。

Acom-1っすか!ヘキサノンレンズが最も大々的にラインナップを展開した
一眼レフのカメラですねー。このマウントのヘキサノンレンズは今でも
評価が高く、人気があるみたいですねー。無事ならお宝?

投稿: ぐりお | 2008年10月 9日 (木) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24363409

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのカメラ:

« 半寄生? -コシオガマ- | トップページ | 見〜つけた! -アオマツムシ- »