« 落日の枯れ穂 -コブナグサ- | トップページ | 晩秋の木漏れ日 »

ウォーターバコパ

今日も冴えないお天気でしたね。テンション下がります(笑)
なんたっていきなり寒すぎですよー。
今朝の最低気温が5.5℃、牛久市の基準測候点
(→一体どこなのか不明。地デジのデータ放送で見れるんですが)
で7.8℃ですから、ここは牛久でも冷えるところだとわかります。
最高気温は15.5℃でした。なんかもう軽く底冷えが・・・

写真は昨日撮ったもの、外来水生植物のウォーターバコパです。
昨日掲載したコブナグサと同じ時、同じ場所で撮影したものですが、
ちょっとした光の角度と被写体の違いで、随分日射しが温かそうです。

ここは庭の最終排水路ですが、園芸植物のコーナーなので、
当地の自然とは関係ないいくつか水生植物が植えてあります。
ウォーターバコパもそのひとつ。
茎が柔らかそうなので、中型ゲンゴロウの産卵用植物として使えないかと
試験的に栽培、運用したものです。
結果はコシマゲンゴロウでは○、シマゲンゴロウでは×でした。
ただ他の選択肢がない水槽環境での試験ではないので、
シマゲンゴロウについても絶対に×かどうかは未知です。

ウォーターバコパは元々アクアリウムプランツとして売られていたもので、
野外での栽培では到底冬を越せないだろうと予想していたのですが、
一緒に植えたエキノドルス同様、見事に越冬に成功しています。
熱帯性の水生植物では、
ホテイアオイやウォーターレタスがあまり寒くない地方で越冬し、
増殖して問題になっていますが、
ウォーターバコパやエキノドルスは当地で、
しかも厳冬だったここ2年を無事にやり過ごしているのですから、
野外逸出なんかしたらこれは厄介ですね。注意しないと・・・

しかし、水上に密に林立するクッション状の群落は他の水生植物よりも
ちょっと濃いめのピカピカした緑色で、見てくれはなかなかのもの。
花も青味が強い紫で、小さいけれど沢山咲くときれいなものです。

この時期になると、他の水生植物はすっかり衰退してしまいますが、
ウォーターバコパはまだまだ元気。
枯れ野になった水辺で、霜が降りるまで目立ち続けます。

Water_bakopa

|

« 落日の枯れ穂 -コブナグサ- | トップページ | 晩秋の木漏れ日 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

ホント小春日和のような写真ですね(爆)

携帯で写真を撮っても思うのですが、写真ってあるがまを写しているのかいつも感じます(笑)

投稿: 太郎 | 2008年11月 1日 (土) 11時22分

太郎さんどーも!
もう11月だし、小春日和ってことで・・・

でも写真は正直でもありますよ。
同じものをとっても、結構メンタルなものが
しっかり反映されたりして、どきっとさせられます。
ただ、逆光は・・・時々魔術師になりますねえ。

投稿: ぐりお | 2008年11月 1日 (土) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24896515

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーターバコパ:

« 落日の枯れ穂 -コブナグサ- | トップページ | 晩秋の木漏れ日 »