« ミニなススキ -コブナグサ- | トップページ | 咲き散らかる -ユウガギク- »

秋桜といえば・・・

秋晴れだったので久し振りに愛車の掃除に時間を費やしました。
午後からワックスがけをしようと思っていたら曇り出したので
F1日本グランプリの生中継を見てからちょっと慌てて作業しましたが、
雨にはなりそうもなく、夕方には作業を終わらせる事が出来ました。
珍しく車づくしの一日でしたー。

さて、今日秋桜といえばコスモスと相場が決まっている様ですが
これはいつからなのでしょう。
私自身のもっとも古い記憶では、さだまさしさんが山口百恵さんに
楽曲を提供した、「あの名曲」からなのですが、
コスモスの渡来は明治期のことですから、
もっと古くからコスモスは秋桜なのかもしれませんね。
なにしろ文学にはとんと疎いもので、
そっちの情報は引出しがありません(笑)

確かにコスモスはピンク系の濃淡がワーッというボリュームで咲くので、
面で色彩を楽しめ、桜の様に人を集わせる力を持った花です。
実際コスモスをシンボルフラワーにしている自治体は実に多く、
またコスモスの咲く景観を売り物にした観光振興も各地で見られますよね。
コスモスを秋桜と表現する事には特に異論なしです。

しかし、コスモスは外来種ですから、野草愛しの私としては
在来の植物にも秋桜を探してしまいます。
コスモスには無い和の趣を持った秋桜はないものでしょうか?

桜のようなボリューム感はありませんが、
花の色、形、そして清楚な雰囲気と野趣を併せ持つ・・・ということで、
サクラタデなんかどうでしょう?
ピンクの濃淡ののり方や雄しべが突き出た様も、小さいながら品格があり
桜の文字を名に冠するにふさわしい花だと思うのですが・・・

写真は池の浅棚部分に植栽したサクラタデのアップ。
小さな花ですけど、なかなか可愛いでしょ。
今年はだいぶ殖え、花もあちこちに咲いています。
バックが黒いのは、別に切り抜き合成ではなくて、
我が家の外壁が、下半分だけ黒い板張りの腰壁になっているからです。
日に照らされたサクラタデはこのバックで見るのが一番美しく見え、
ちょっとお気に入りのアングルです。

Sakuratade2008

|

« ミニなススキ -コブナグサ- | トップページ | 咲き散らかる -ユウガギク- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜

おお〜、いい写真ですね。たしかに背景が黒だとよく映えまするぅ〜。
かねてより、「どこがサクラなのか?」と悩んでいましたが、この写真を見てハッと思いました。なるほどね〜、サクラに見えます。ウンウン。

投稿: mushizuki | 2008年10月13日 (月) 23時28分

あらmushizukiさん、いらっしゃいませ〜。
いまちょうどそちらにお邪魔していたところですよ。
小口さんのツアーに参加されたんですね。いいないいな〜
明日以降の連載、楽しみにしてます!

サクラタデといえば、先日羽生小にいった時、
霞ヶ浦の湖岸でシロバナサクラタデが
沢山咲いているのを見ました。
あれもなかなかきれいですね。
mushizukiさんのお家は湖岸まで近いから
ちょいと見に行く感じで会えそうです。

投稿: ぐりお | 2008年10月13日 (月) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/24455145

この記事へのトラックバック一覧です: 秋桜といえば・・・:

« ミニなススキ -コブナグサ- | トップページ | 咲き散らかる -ユウガギク- »