« 学校ビオトープ11 -校外学習- | トップページ | はやにえ »

黒いけど終令 -キアゲハ-

今日は予報が良い方にはずれました。
雨は朝のうちまでで、以降は曇りかと諦めていたのですが、
昼過ぎから夕方まで結局ほぼ晴れてくれました。
気温も上がり、久し振りに日陰でも空気が温く感じられました。
でも今日は立冬なんですよね。つまり「小春日和」だった訳です。

人生(?)を諦めかけていた虫たちもにわかに復活、
明るいうちから庭のあちこちでカネタタキが「チン・チン・チン・・・」
今はそれにアオマツムシとコオロギ類も加わって、
互いの無事を確かめ合っているようです。

写真はキアゲハの幼虫、立派な終令幼虫なんですが、
ずいぶん黒い個体です。他にも数匹いるのですが、みな同様に黒い・・・
キアゲハの幼虫は他のアゲハ類と同様、終令以外は黒っぽくて、
終令では黄緑色がベースになるのですが、これはどうしたことでしょう。

そういえば、ナガサキアゲハは蛹のときの気温が
羽化した成虫の翅の色を左右するとか・・・南方系のナガサキアゲハは
南に行くほど白っぽい翅になって行きます。
ここ数年で当地でも定着発生が見られる様になりましたが、
当地で見られる個体は後翅の白紋が小さめで、黒の面積が多い個体ばかり。
黒という色の持つ集熱性のため、暑い地方ほど白くなって
高温に適応するというのです。
チョウって、そういう機敏な環境適応性を示すものもいるんですね〜。

待て待て、ということは、これも低温期に見られる適応なのでしょうか?
ナガサキアゲハのそれとは逆に、黒くなって体温の確保に努めていると。
ちゃんと調べてみないと検証できませんが、可能性はあるかもです。
来年の高温期に、低温条件で飼育してみると
わかるのかもしれませんね。ちょっと面白そう・・・

同じくらいやってみたいのが、ナガサキアゲハの幼虫〜蛹の高温飼育。
果たして白い成虫は羽化するのか?興味あるなあ・・・
自由研究ってことで、子供にやらせたりして(笑)

Kiagehayochu

|

« 学校ビオトープ11 -校外学習- | トップページ | はやにえ »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

うっ…グロいですね(笑)
     ↑
鳥等からの防衛でしょうが。

投稿: 太郎 | 2008年11月 8日 (土) 09時39分

グロいすか?やっぱ・・・
私はかわいらしいと思うのですが(爆)
鳥からの防衛かぁ・・・葉っぱが落ち始めて
目立つ時期でもあるから、それもあるのかなあ。
夏場だと、終令以前の黒っぽい時には鳥に捕食されにくいのですが
終令の緑色になったとたん、觜につままれてしまうんですよね〜。

投稿: ぐりお | 2008年11月 8日 (土) 11時47分

マァ〜ジすかっ!
グログロです(笑)

きっと「緑になると觜にやられる」と悟ったのでしょう(爆) ←テキトー(笑)

投稿: 太郎 | 2008年11月 8日 (土) 14時00分

そんなグログロな彼も、食草から少し離れたところで、
蛹になっていました。(蛹はそれほどグロくはなかったです)

今日(11/8)の写真も別な意味でグロいっすよぉ〜!
ワハハ、暫くこれ系で行くか!(潜在するSっ気の芽生え?)

投稿: ぐりお | 2008年11月 8日 (土) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/25110697

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いけど終令 -キアゲハ-:

« 学校ビオトープ11 -校外学習- | トップページ | はやにえ »