« 落ち葉のマイマイ谷 | トップページ | 月光の下のゲッコー »

池の初冬2008

午前中と夕方に晴れ間が出ましたが、午後は雲が広がりました。
明日から相当寒くなるとのことですが・・・
西日本では、一足先にそうなっているようですから、
どうやら間違いなく明日はこちらにも寒さがやって来そうです。

池の周りはあっという間に紅葉のピークが過ぎ、
クヌギはバラバラと葉を落とし始めています。
3〜4日前にいい黄色だったのですが、
お天気が悪くて撮影できませんでした。あ〜残念!

池の水面に目をやると、ジュンサイの葉が殆ど無くなっています。
手前のスイレンも新しい葉を出すのをやめ、古い葉が枯れました。
変わって水面を覆ったのは、こちらも落ち葉です。

畔のガマズミが赤い実と赤い葉で彩りを添えています。
実も完熟を示す透明がかったダークレッドになってきたので、
間もなく鳥に食べられてなくなると思います。

池の中は至って静か。
ゼニタナゴも産卵を終え、メスの産卵管はみな短く縮んでしまいました。
しかし、まだ水温はそこそこあるので、魚たちの食欲は旺盛です。
池の浅棚や流入路では今年生まれのカワニナが
1センチ以上のサイズになってきましたが、
そのサイズの殻だけのものも点在しています。
これはヘイケボタルの幼虫に食べられたもの。
ホタルも無事に世代交代が進んだ様です。

ヒヨドリがひっきりなしに訪れる様になりました。
ガマズミの実のチェックでしょうか。
朝早くにはカケスもどんぐりを拾いに現れています。
冬の訪問者では、早くもジョウビタキとアオジが来ていますが、
ジョウビタキはまだ縄張りが確定していない様です。
カワセミは来春までしばしのお別れ。

今は色付いた葉に隠れている林床が、もうじき丸見えになります。
いよいよバードウォッチングが楽しい季節になりますね。
鳥レストランの開店準備をしなくては・・・

Ike2008shotou

|

« 落ち葉のマイマイ谷 | トップページ | 月光の下のゲッコー »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

ほっほぉ〜♪
ジュンサイ、タナゴ、カワニナにホタル、ジョウビタキやカワセミ…。
水もさぞかし綺麗なのでしょうね!
以前、住んで(勤めて)いた辺りも環境に恵まれていましたが、出勤途中に脇を流れる小川の綺麗さに感動していたくらいです…。
今も恵まれた環境なのですから、もっと自然の有り難みを感じなければいけませんね(笑;)

…明らかに欠如した太郎でした

投稿: 太郎 | 2008年11月19日 (水) 09時34分

太郎さんいらっしゃいませ。
そちらの川は、きれいでしょうねえ。
ちょっとした川で、サケマスの類が見られるのだろうなあ・・・
う〜ん、大自然!

うちの池は、先月の測定でCOD値が4弱、透視度は100センチ以上。
なかなかのもんでしょ!
さすがに夏場はもう少し悪くて、COD値5.5程度、
透視度は70〜80センチです。どうしても植物プランクトンが
多くなるので・・・

そちらの大自然にはとうていかないませんが、
関東の里山環境としての及第点は、何とか維持したいと思っています。

投稿: ぐりお | 2008年11月19日 (水) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/25457036

この記事へのトラックバック一覧です: 池の初冬2008:

« 落ち葉のマイマイ谷 | トップページ | 月光の下のゲッコー »