« 色付きはじめました | トップページ | 初めての一眼レフ »

温室の冬支度

予報通り、お天気は持ちませんでした。
午前中晴れ間が出てきた時は、ちょっと期待したのですが・・・
しかし、夕方までは気温は高かったので、日中の作業は助かりました。

今日は、温室の冬支度を進めました。
まだ夏バージョンの日除けが掛かっていましたから、
この時期の弱い陽光ではさすがのランもやや日照不足となります。
栽培しているランの殆どがパフィオペディラム、フラグミペディウム
といった弱めの光線を好む種類なので、
本当は冬場も遮光率の低い日除けがあった方がいいのでしょうが、
それはせず、変わりにサニーコートという平行チューブ構造の
透明ビニールシートを掛けます。
これだと遮光の効果は殆どありませんが、光が乱反射して
温室全体にうまくまわるため、短い日照時間を有効利用できます。
また晴れてくれれば温度も湿度も上がるため、
植物もご機嫌よく過ごすことが出来ます。

写真は先月から咲き始めたフラグミペディウム・アマゾニカム。
(=Phragmipedium amazonicum)
以前もブログに登場していますが、ぐっと大株になり、
今年は花茎を6本も上げました。
写真に見えてるのと反対側にあと4本出ていて、現在9輪咲いています。
写真の4輪は、左上が開いたばかりのもの、右下がそろそろ咲き終わりです。
このランは花茎の下の方から一輪ずつ咲き進みますが
次の花と交代する数日間だけ、ひとつの花茎に2輪開いた状態になります。

これからの季節、冬咲きのランが次々に蕾を上げますが、
暫くはフラグミペディウムで賑やかになりそうです。
次のフラグミは、予定よりかなりゆっくり蕾をふくらませている
ベッセエかな?

Amazomicum0811

|

« 色付きはじめました | トップページ | 初めての一眼レフ »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
フラグミペディウム・アマゾニカムって素敵ですね~。
なんとなく大きいような感じの画像ですが、
実際やっぱり巨大になるのですか?

ベッセエ、開花したら見せてくださいね~。

投稿: こー | 2008年11月16日 (日) 15時47分

こーさんどーもです。
アマゾニカム、おっしゃる通りこのタイプ(シュンランみたいに
葉幅の狭いエクアドレンセやらカリシナムやら・・・)では
一番大きいクチだと思います。
でも、巨大というほどでもないかな、現在の花の高さが
根元から35〜40センチぐらいでしょうか。
ロンギフォリュームやコバチィに較べればかわいいもんです。

ベッセエですけどね〜(笑)
蕾の成長が何だかトロいんですよー。
調子が悪そうではないからもう少しすると開花のめどが立ちそうかなぁ?
ま、原因のひとつは、私が灯油代をケチって温室の最低温度設定を
昨冬より3℃も低い12℃にしてるせいなんですけど(*^.^*)ゞ

投稿: ぐりお | 2008年11月16日 (日) 23時14分

こんばんは、パフィオ咲いているんですね。綺麗ですね。
我が家のパフィオはまだつぼみが大きくなるのが遅いようです
去年つくばのみずほの村で花が終わったものを買ったので、どんな花か咲いてからの楽しみです。リビングで育てています。

投稿: おーちゃん | 2008年11月18日 (火) 20時47分

おーちゃん様いらっしゃいませー。
パフィオ楽しみですねえ。
湿度不足にさえ気を付ければ、専用施設でなくても
楽しめるのがパフィオのいいところですよね。
温度環境にあわせて蕾を膨らませますので
ゆっくりゆっくり、伸びて膨らんで開花を迎えるのですね。
咲いたらレポート、お待ちしています。

投稿: ぐりお | 2008年11月18日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/25360717

この記事へのトラックバック一覧です: 温室の冬支度:

« 色付きはじめました | トップページ | 初めての一眼レフ »