« ミズナラの紅葉 | トップページ | きりたんぽ鍋 »

叩けば埃のひとつやふたつ・・・

今日も快晴!風が強かったので、ほわーんとはいきませんでしたが
気温は案外高くて昨日と同じ14.5℃まで上がりました。
このくらいあると風もそれほど冷たいとは感じませんね。

さっきNHKで、大台ケ原の特集をやっていましたよ。
素晴らしい影像の数々はなかなかの感動ものでした。
紀伊半島の高地という特異性なのか、本当に雨が多いところですよね。
同じ様な向きにあっても、
伊豆半島や房総半島はあそこまで多雨ではありません。

その影像の中に、ハイスピードカメラで捉えた、
ホコリタケの胞子噴出の瞬間がありました。
子実体の頂部から雨粒の落下衝撃で飛び出す胞子は、
まさに埃というか煙というか・・・見事に飛散していました。

そういえば・・・と思い出したのが、
先頃近所の小池城趾公園で撮ったホコリタケの写真。
こちらはまだ未成熟の幼菌で、頂部に埃(胞子)を出す穴があいていません。
うちの子供はこれを「おっぱいたけ」と呼んでいます。
ブログリンクにある「茨城の自然・探検隊」のmushizuki氏と
観察したのですが、彼がひとつ割って断面を見てみると、
真っ白なムースというかマシュマロというか、いかにも美味しそうでした。
実際、これぐらいのホコリタケは食べごろだそうです。

やがて子実体の成熟が進むと、中は乾燥し、
細かい粒子状の胞子が準備され、頂部に噴出口が開きます。
するとふいごの仕掛けで、雨粒の落下や獣や人が踏んづける事によって
胞子を拡散する訳です。

若くぴちぴちした食べごろの日々は過ぎ去り、
気付くと叩けば埃の出る体に・・・え?もちろんホコリタケの話ですよ。

Hokoritake

|

« ミズナラの紅葉 | トップページ | きりたんぽ鍋 »

フィールドノート」カテゴリの記事

コメント

どもでーす。
ホコリタケって食べるんですか~!?
全然知りませんでした。
子供の頃はこれを蹴ったり踏んだりして
中から胞子を出して遊んだ記憶があります。
でも食べれるなら、もったいないことをしたなぁ。

画像、○っ○○に似てますね・・・・(爆)

投稿: こー | 2008年12月 1日 (月) 06時09分

いらっしゃいましー。
じつはですねー、私も食べた事はないのですよ。
食べられる事はずっと前から知っていたのですねどねー。

こーさんが蹴ったり踏んだりしたのは、
もう食べられない頃ものだと思いますが、
こーさんもだいぶ胞子飛散に貢献したクチですね(笑)

ホコリタケの食べごろの目安は、ふっくら張りと艶があって
押しても弾力を感じるような・・・
○っ○○の食べごろと一緒?失礼しました(*^.^*);

投稿: ぐりお | 2008年12月 1日 (月) 10時03分

こんばんは。

トラックバックさせていただきますた〜

本日は都合により休みをいただいたので、自分のブログの記事をたくさん書きました。蛾のブログとシダのブログは相変わらず休眠状態ですが、ほかの三つは久しぶりに更新となりました。

投稿: mushizuki | 2008年12月 4日 (木) 18時21分

はいはい、トラバ行って来ましたです。ただいま〜(笑)
わき上がる雲とは高尚な・・・○っ○○で盛り上がる
どっかのブログとはやはり毛並みが違いますな。
断面まで画像掲載されているので、話が分かりやすいですね。
相互トラバにしたいのですが、上手くいかなかったら
また御指南ヨロシクです!

投稿: ぐりお | 2008年12月 5日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/25791828

この記事へのトラックバック一覧です: 叩けば埃のひとつやふたつ・・・:

» わき上がる雲のように [茨城の自然・探検隊(県南部)   統合版]
モクモクというか、ムクムクというか、地面から盛り上がるように生えているきのこがあ [続きを読む]

受信: 2008年12月 4日 (木) 18時17分

« ミズナラの紅葉 | トップページ | きりたんぽ鍋 »