« 穴底のオアシス | トップページ | 池の循環部 »

池の霜冬2008

先月あたりから、ガソリンの値下がりが随分急激に進んでいますね。
今日はリッター98円という表示を見ました。
会員価格ってやつだとそこから更に2円安かったりしますから、
これはもう昨年、いや一昨年より安いんじゃないでしょうか?
原油高騰のリバウンドなんでしょうが、あまり極端なのは心配です。
先週は原油国の減産なんて声も聞こえて来ましたし・・・
その割に、灯油の値下がりは鈍いような気がしますね。
需要期ってこと?足元見てるなぁ・・・
どちらにしても、あまり振り回されたく無いですね。

今日は師走の寒さが戻って来ていますが、
日射しアリ、風ナシなので割合ほっとできました。

写真は今日のお昼少し前の様子。
太陽が低いですねー。家の影が、もう池に掛かっています。
落ちるべき葉っぱはみな落ちて、庭も見通しが良くなりました。
ミヤコザサ(園芸上はクマザサ)の葉も幾度か霜にあたり、
見事な白い「クマ」がまわっています。

今年は無くなるのが遅かったガマズミの赤い実も、
このところ毎日訪れるヒヨドリとツグミに食べられ、もう少しで完売です。
画面中央より少し右上に小屋型の鳥の餌台が見える様になりましたが、
わかりますか?ミヤコザサが固まって生えている所です。
先月の定点撮影(11月18日)の時は、
コゴメウツギの葉に覆われ、隠れていました。
そのエサ台から左の方へ画面の端近くまで行った少し下には、
クヌギの幹に取り付けた果物フィーダーも見えますけど、まだ中は空。
野鳥レストランは、今週末に開店の予定です。

池の中は、いつもなら静まり返っているのですが、
昨日・一昨日と温かかったので、水温も上がって魚が活発になっています。
先ほどエサを撒いたら沢山出て来て、多くの個体の無事を確認できました。
この師走は雨が多くて、落ち葉の下はしっとり湿っていますが、
年が明けるとさすがに頻繁な雨も無くなり、
乾燥と凍結の厳しい季節がやって来るはずです。
花も虫も眠るしばしの間は、退屈なので野鳥に遊んでもらいます。

Ike2008soutou_2

|

« 穴底のオアシス | トップページ | 池の循環部 »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/26431196

この記事へのトラックバック一覧です: 池の霜冬2008:

« 穴底のオアシス | トップページ | 池の循環部 »