« 池の循環部 | トップページ | 風見鳥 »

べっぴんヒタチ

今日は予想を上回る温かさで、肩の力が思いっきり抜けました。
朝に見た天気図だと西高東低の気圧配置で、
等圧線が魚の切り身の様に混んでいましたから
冷たい北風を覚悟していました。
確かに午前中まではそういう気配でしたが、
午後から南風が吹き寒さを感じませんでした。
低気圧の微妙な位置の違いなんでしょうけどね・・・なんか不思議。

嬉しくなって、夕方まだ空気の温もりが残っているうちに
カタツムリの飼育ケースをお掃除しました。
昨年の11月に石岡市内の工事現場から救助したヒタチマイマイは
飼育下での一年を何とか元気に乗り切り、
大部分は落ち葉いっぱいの越冬ケースで眠り、
一部は保温ケースで越冬させずに室内飼育しています。
お掃除はこの保温管理の方、元気にエサを食べ、糞をするので、
スリーシーズンと同じ様に定期的なメンテナンスが必要なのですが、
ここんとこちょいとサボっていました。

保温管理のケースは2つあって、殻に帯が入るタイプと
帯の無い、火炎彩と呼ばれる縞模様だけのタイプに分けています。
写真は後者のタイプで、もっともお気に入りの個体。
火炎彩の縞模様のコントラストがはっきりしていて、
なかなか見栄えのするべっぴんさんです。
一年前に回収したときは殻径が1センチにも満たないちび助でしたが
今では2.2センチにまで成長しました。
殻口がへり状に反り返る成貝になるまで、あと半年から一年位でしょうか。
一応無帯型にしてありますが、成長するに従い「3」と呼ばれる一の帯が
何となく点線状に確認できる様になりました。

なぜ帯有りと帯無しで分けているかというと、
この2つの各グループ内で生まれた次世代の帯が、
一体どういう風に表れるのか興味があるからです。
写真のべっぴんヒタチが成貝になったら、
もう1匹のお気に入り無帯と掛け合わせてみようと思っています。
ヒタチマイマイはスローライフな生き物ですが、
繁殖は結構マメに行うので、案外早くベビーは見られる様な気がします。
でも、それが成長して、興味の結果が確認できるのには
数年はかかりそうですね〜・・・気長にお付き合いしましょ(笑)

Hitachibeppin

|

« 池の循環部 | トップページ | 風見鳥 »

かたつむり」カテゴリの記事

コメント

 今年も残すところいよいよ僅かとなってまいりましたね。
『マイマイマニア 恐るべし!』の太郎さんには申し訳ないんですが
デムが出たからには・・・やっぱり書き込みさせていただきます(^^;)
 ヒタチマイマイ、実物見たことないんですが、綺麗ですね~。
羨ましい・・・。
累代でどんなベビ子が誕生するか今から楽しみにしています。
 ところで、ダイセンニシキを例にとって見ると、生殖行動でも
いろんな違いが見られる事があります。恋矢の落し物があったりなかったり、鞭状器(?)を放出したりしなかったり・・・。これらの行動の違いはベビ子の形質に関係する事はあるんでしょうか。ダイセンニシキの軟体部の柄の違いに関心があるので、累代に挑戦しているんですが、爆産孵化はすれども育てきれず全滅の繰り返し。(;;)自然って絶妙のバランスで成り立っているんだな~・・・と、毎回反省しています。ぐりおさんが気をつけていらっしゃる点を教えていただければありがたいです。
 私も年内不休、御正月も・・・ですが、皆様が御元気で暖かな新年を迎えられますようお祈りしております。

投稿: クワデン | 2008年12月27日 (土) 20時34分

クワデンさん、お正月まで…御苦労様です…。
私もホテルに勤めていた時は酔っぱらい(失礼…酔っていらっしゃるお客様お相手に)そうでしたが…(笑;)

マイマイには熱く語れませぬ(泣)

投稿: 太郎 | 2008年12月27日 (土) 21時09分

>クワデンさん
ようこそです。
ヒタチ君、なかなかよいでしょー。でも、ダイセンニシキも
すごくゴージャスで見応えのあるマイマイですよねー。
PU-SANのトラやハコネと並んで、憧れのマイマイです。
そういえばヒタチでは恋矢を見た事無いなー。
生殖行動と次代形質の関係を確認するのは難しそうですね。
殻の表現形質と軟体部の模様の関連性なら、個体数を重ねれば
何か見えて来るのかも・・・
私もヒタチの殻と軟体の表現形質は何となく気にして見ているんですが、
今の所法則性は見いだせていません。
幼貝ですが、自分は飼育が上手くないので、思い切り水苔に頼って、とにかく
あんまりいじくらない事にしています。カトルボーンのかけらは入れますけどね。
エサも腐敗しにくいニンジンを時々与える程度です。
水苔だと少々過湿気味でも大丈夫みたいですね。殻径が5〜6ミリまでは、
極力放置するように心掛けています。これであんまり死なないみたいです。

>太郎さん
いいって太郎さんは。無理にマイマイ熱く語らんでも(笑)
そんなことで泣かんでくださいな。
ランも魚もあるじゃないですか!

>お二人とも・・・
くれぐれも体を壊さない様にしてくださいね。
最初も最後も、やっぱり健康ですから!

投稿: ぐりお | 2008年12月27日 (土) 23時27分

 アドバイス、ありがとうございました。
太郎さんも、コメントありがとうございました。
 くわっとさんも「できるだけいぢらない!」と仰ってましたが
ついつい過干渉に。ミズゴケ、もう少しウエットにしてみます。
来年はベビ子が無事成長する事を目標に頑張ります。

投稿: クワデン | 2008年12月28日 (日) 20時15分

クワデンさん、ベビ子の成長お祈りしてます。
頑張って下さいね。
時々経過等教えていただけると嬉しいですね。
何しろ今やクワデンさんとお話できるのは、
ここしか無いですので・・・
こちらもデムネタを、時々アップしたいと思います。

投稿: ぐりお | 2008年12月29日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/26491166

この記事へのトラックバック一覧です: べっぴんヒタチ:

« 池の循環部 | トップページ | 風見鳥 »