« 虫さがし -メジロ- | トップページ | ノコの展足 »

一眼レフ第二世代

温かかったですね。最高気温は12.5℃、
風も無く、空気が温んだ感じがします。
昨日の雨は日付が替わっても降り続いていたので、
空気が潤っていたのも快適に感じました。
そういえば、昨日は夜になってから気温がじわっと上がって、
最高気温の9℃が出たのは、日付が替わる時でした。
こんなこともあるのですね。

今日はバタバタしていたので、せっかくいい日和だったにもかかわらず、
ゆっくり外を見るいとまがありませんでした。残念!
こういうぽかっと温かい日は、
大抵ひとつやふたつの意外な発見が出来るのですが・・・

という訳で、ひと月ぶりにカメラのお話。
高校生の頃、やっと手に入れたオリンパスOM-1で、
マクロ撮影の扉を叩いたことは、11月16日に書いた通りです。
随分いろいろなものを撮りましたが、
撮影対象はマクロの分野に限らず徐々に広がり、
中にはどうしてもストロボで撮影したいケースが出て来ました。

こうなると圧倒的に有利なのがオート機構、
私が使っていたオリンパスのズイコーレンズを活かせるオート機といえば、
OM-1と双璧を成すもうひとつの一眼レフ、OM-2と、
当時大場久美子さんをイメージキャラにして売り出し中だった
いわゆるOM二桁シリーズの1号機、OM-10がありました。
安価なOM-10は魅力的でしたが、
システムカメラとしての性格は弱かったし、デザインや操作性が
使い慣れたOM-1に似ていることもあって迷わずOM-2を選びました。

OM-1で被写界深度や露出の経験は充分踏んでいたので、
OM-2は至極便利でした。特に売りにしていたTTLダイレクト測光は
今でこそ常識的な機能ですが、当時としてはストロボシステムを
組み合わせて使う際など、無敵と感じられるほど安心感がありました。
結局OM-2は、マクロからスナップショットまでを一台でこなす
使い勝手のいい一台としていつも持ち歩く事になりました。

最初のOM-2を購入して半年ほどした頃、
知り合いがほぼ未使用のOM-2を殆どただ同然で譲ってくれました。
(なんだよ〜、もうちょっと早く言ってくれよな〜って感じ:笑)
これはサブ機としてより、後に家人の愛機として活躍する事になりました。

自分で撮影に出るときは、
バッグにOM-1とOM-2が一台ずつ入っている事が多かったかな。
どっちがメインでどっちがサブかは微妙でした。
ただ、雪山など、極限に近い環境で頼りになるのは、
やはり電池がなくても撮影できるOM-1ですね。

2台のOM-2は今でもちゃんと動く現役機。ごくごくたま〜に持ち出します。

Om2

|

« 虫さがし -メジロ- | トップページ | ノコの展足 »

MY FAVORITE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/26293508

この記事へのトラックバック一覧です: 一眼レフ第二世代:

« 虫さがし -メジロ- | トップページ | ノコの展足 »