« 早起き一番草 -ユキワリイチゲ- | トップページ | 真冬の綿毛 -コウヤボウキ- »

怪鳥再来!? -アオサギ-

今年になって初めて曇りました。
ここまでほぼ快晴続きでしたから、寒いですが文句は言えませんね。
とは言え雲はとぎれとぎれで、午前中は晴れ時々曇り、
午後は逆転して曇り時々晴れといった感じでした。
このお天気でも8.5℃まで上がりましたから、まあいい方ですね。

写真は午前中の一コマ。
何となく外に大きな鳥の気配がしたのでふっと見ると、
並外れたサイズのグレーの影が池の上を一度旋回し
一旦離れてから再び横切って行きました。
影は70メートルほど離れたスギの木のてっぺんに止まりました。
この界隈で最大の野鳥、アオサギです。

アオサギは4年前の夏、まださくら上池ができて1年も経たない頃
一度だけやってきたのを確認しています。
その時は池の浅棚部分に降り立ち、暫くエサを探していたのですが、
当時の池にはまだ魚も何もいなかったので、程なくして飛び去りました。

今回は沢山魚が住んでいますが、さすがにこの時期だと
水深のあるところで越冬状態。浅棚部分にはメダカ一匹いません。
そのかわり深い所には魚がかたまっているはずですが、
水深が70センチ以上あるので、いくら大きいアオサギと言えども
捕まえるのはちょっと難しいのではないでしょうか。

スギの木の上で、アオサギはこちらの様子を伺っていましたが、
やがて西の方向に飛び去り、池を訪れることはありませんでした。
しかし、春以降再び彼がやって来たら、
今度は浅棚でモツゴやドジョウにありつけるはずです。
そんな事になったらちょっと大変!
さくら上池のキャパシティでは、
アオサギの捕食量には耐えられないかも知れません。
「来るもの拒まず」が基本のビオトープですが、
ウシガエルとサギ類は、ちょっと悩んじゃうなあ・・・

Aosagi0901

|

« 早起き一番草 -ユキワリイチゲ- | トップページ | 真冬の綿毛 -コウヤボウキ- »

庭のphotoログ」カテゴリの記事

コメント

どもです。
たしかこちらでのサギ類はアオサギだけです。
よく田んぼに降りてるのを見かけるな~。
魚食性の鳥はぐりおさんにとっては疫病神的存在ですね。
春になってもアオサギが来なければいいですね。
あっ、究極の選択で池に来る動物でサギ類かウシガエルどっちがいい?
って聞かれたらどっちをとりますか?(笑)

投稿: こー | 2009年1月 9日 (金) 06時29分

どもですー!
うあ〜、ホントに究極だなあそれ(笑)
でも答えは割にすぐ出るかな。もちろんサギ類です。
ウシガエルは入り込むと、池の中で爆発的に殖えますから〜!!

こうなったら手が付けられないというか・・・
って、実はもうなってるんですけど(汗)

まあ、サギ類はそう来るもんじゃないと思っています。
彼等も、なんて言うか、適切な表現じゃないかもしれないけど
環境のキャパシティをちゃんと感じ取るんですよ。
別な言い方をすると生態系の調和がとれていなければ
生きて行けない仕組みになってますからね。
たとえ強い捕食生物種であっても、
在来のものにはほぼすべて同じ事が言えると思います。

ところがウシガエルやブラックバスのような外来生物は、
今までの歴史の中でそういった相互関係ができていないので、
「環境の空気が読めない」っていうか、喰い尽くすまで殖える傾向です。
コワいですよね〜。

投稿: ぐりお | 2009年1月 9日 (金) 09時46分

 アオサギっていつも彫像のようにじっとしていて、
無表情ってイメージを持っていたクワデンですが、
去年山の中の放置された溜池で採餌中にばったり出くわしまして。
それがまさにウシガエルをば飲み込まんとしている瞬間。
『おおっ!』っと思ったクワデンにアオサギは普段のポーカーフェイスからは
伺えないような狼狽の色を浮かべ、大変面白いみものでした。
飛び立って逃げたいところだけども、呑み込みかかった蛙は
いかにもでかく、足が引っかかってうまく丸呑みできないし・・・って
焦りがありあり。
気の毒だったのでそっとその場を立ち去ったんですが、
一度にあんな大きな蛙を飲み込めるものなのか見ていたかったです。
 以来勤務地脇の砂浜で見かけると『塩分摂り過ぎんな』と
心の中で声をかけているクワデンでした。

投稿: クワデン | 2009年1月 9日 (金) 19時06分

クワデンさん、面白い経験されましたね!
サギは確かに大きい獲物を丸呑みしますよねー。
私も以前「えええっっ!!」と思う位大きなフナを呑み込むところを見て
仰天したことがあります。
あの細い首ですから、当然フナの位置が外見からわかり、
なんとも言えませんでした。
かつて、次回予告のあとで、喉にお菓子を詰まらせ
「ン、ワッ!ン・ン」と言ってるサザエさんの喉状態です(笑)

それと、焦っているという感触もわかるわかる・・・
鳥って、驚いたり平静を装ったりしているのがわかる事ありますね。
あれはおかしいですよね。ま、そんなときは
こちらも知らん顔して心で爆笑していますが(笑)

クワデンさんの勤務地は脇に砂浜があるような環境なのですね。
なかなか素敵ですね〜。
私は子供の頃から貝殻集めの癖があるから、そんなところに勤務したら、
仕事放り出して波打ち際をほっつき歩いてしまいそう・・・

投稿: ぐりお | 2009年1月 9日 (金) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/26905593

この記事へのトラックバック一覧です: 怪鳥再来!? -アオサギ-:

« 早起き一番草 -ユキワリイチゲ- | トップページ | 真冬の綿毛 -コウヤボウキ- »